犬たちの寿命を縮めてしまうもの

· 2018年7月30日

年齢、ライフスタイル、食べ物、治療など、犬たちの寿命に影響を与え得る要因は数多く存在しています。

平均寿命

健康的な生活を送り、体に良いものを食べ、安全な環境で運動をしっかりこなした上で、犬たちの平均寿命は15年程度とされています。

犬の食事

犬食事中

食べ物の質は、犬が健康的に過ごせるかどうかを決定付ける重要な要素です。必要な栄養をしっかり摂取し、かつ様々な食品を口にしていれば、より良い生活ができ、長くも生きられるでしょう。しかし、低品質であったり栄養価の低いものばかり食べさせていれば、今度は飼い犬を逆に弱らせてしまいかねません。

何を食べさせれば良いか分からない場合は、専門家に意見を求めましょう。獣医師なら、ペットの年齢、種類、ニーズなどの条件全てに沿った食品を提案してくれるでしょう。また犬の体が運動するためには脂肪が必須となります。人間のように炭水化物からエネルギーを作ることができないため、品質の良い脂肪を摂取する必要があるのです。

子犬の場合

「低品質な」脂肪は、犬たちにとって有害なのです。子犬の場合肥満化すれば、深刻な発育障害を伴ってしまう可能性が高くなります。必要なビタミンやミネラルを正しい食事を通して摂っていれば、指摘がない限り特別な処置が必要になることはありません。

一方で、子犬が健康に育つためには、栄養を含んだ製品などが役に立ちますが、ビタミンを過剰に摂取しても病気や発育障害を起こしてしまいます。

骨を食べさせるのもあまり良いとは言われていません。歯を強くしたりカルシウムの摂取になるということはなく、逆に喉を詰まらせたり内臓を傷つけたり、便秘になったりしてしまいます。噛ませるのであれば、そのためのおもちゃを与えましょう。

また、1日1食で済ますよりも、朝に1回、夜に1回と2回に分けて食事を与えた方が良いことが分かっています。

犬の運動

十分に運動させないだけで、犬たちは5年も寿命が縮むと言われています。動物たちは溜め込んだエネルギーを毎日放出しなければなりません。そのためには、運動を日課とする必要がありますが、多くの犬種は、1日3回外に出るくらいで十分だとされています。

危険な植物

犬の好奇心が、時に危険をもたらすことがあります。公園や庭など、何があるか分からない場所には、犬たちにとって有毒な植物が潜んでいるかもしれません。

犬種による違い

大型犬は小型犬に比べて寿命が短いことが多いです。生まれた直後の数年間にたくさんのエネルギーを使ってしまうことが原因だとされています。そのため高齢になると、ほとんど動かなくなってしまいます。

ニューファンドランド、セント・バーナード、グレート・デン、グレーター・スイス・マウンテン・ドッグ、イングリッシュ・マスティフなどがその例です。

環境による影響

犬と夕日と飼い主と

育ってきた環境も、彼らの寿命に大きな影響を与えます。飼い主が要求に答えてくれなかったり、ネグレクトされていると、寿命が短くなることが多いです。

死亡事故

毎年、何千もの犬たちが道路や家での事故で亡くなっています。道路ではリードやタグをつけていなかったこと、家では有毒な化学製品を飲んでしまったことが主な原因となっています。