犬にとって有害な食べ物とは?

· 2018年7月14日

ペットも高品質なものを食べられるようにと、様々な犬用食品が開発されていますがその中には、自然のままを生かした「生」を売りとした製品がいくつか存在します。実はこの生ものが、犬たちにとって有害である場合があるのです。

また、人間の食べ残しを食事として犬に与える飼い主も多いです。実はこれも、犬たちにとってあまり良いとは言えません。

犬にとっての「食事」

ただの「食事」と言っても犬たちは、彼らに合ったものを食べて、彼らに必要な栄養をそこから摂らなければならないのです。そのため、人間が食べるために作られた食品は基本的に犬たちにとっては有害なものになります。

有害な食べ物

チョコはダメ

死に至るほどではなかったとしても、有害であることに変わりはありません。少し口にしてしまうだけで危険なもの、多く摂取すれば摂食障害や感染症にかかってしまうものなど様々です。

また、これらの食品が全ての犬に有害であるのに対して、有害なものを摂取したときに全ての犬が同じ反応・症状を示すとは限りません。

チョコレート

スイーツ、クッキー、マフィン、何に含まれていようが関係ありません。あらゆるココア・チョコレートが犬たちにとってはただの害でしかないのです。

それはチョコレートの原料であるカカオの種が含むテオブロミンと呼ばれる成分が、人間にとっては無害な一方で、犬など他の動物には害を及ぼすからなのです。

それゆえ犬たちはいかなるチョコレートも摂取することができず、少量でも下痢や嘔吐、痙攣を引き起こし、多量の場合は死んでしまうこともあります。

玉ねぎとニンニク

赤血球の破壊による貧血症状、重度の腎臓の機能障害など、深刻な健康問題を引き起こし得る成分を含んでおり、とても危険です。

ニンニクに至っては、一部の犬にとっての多量の摂取は死を意味することもあり、絶対に食べさせないでください。

ごく少量が防腐剤として使われているということは、加工製品にはよくあります。それだけで、飼い犬に与えることはお勧めできません。

もし口にしてしまった場合、大きな症状が出るのに4,5日ほどかかることがほとんどであり、発覚が遅れてしまうことがあります。飼い犬の尿がオレンジ・赤っぽくなっていたら玉ねぎもしくはニンニクを食べてしまっている可能性があるため、病院に連れて行きましょう。

乳製品

ご飯の時間

ほとんどの乳製品は「ラクトース」と呼ばれる糖を含んでおり、これが犬たちにはあまり良くありません。

分解をするにはラクターゼという酵素が必要になるのですが、多くの犬たちは生まれて間もなくするとそれを失ってしまいうまく消化ができなくなり、下痢・腹痛・ガス・嘔吐などの症状、及び胃腸や消化機能に対してのダメージを引き起こしてしまうのです。

そのため、例え飼い犬が大好きであったとしても、乳製品を与えることはあまりお勧めしません。

ただ「全ての」乳製品が悪いわけではなく、例えば自然由来のヨーグルトはラクトバシラス菌によってラクトースが消化されているため、犬たちが食べても問題ありません。重要なのは「ラクトースが含まれているかどうか」なのです。