犬にオススメのフルーツ

· 2018年6月17日
忘れがちですがイヌは食べ物が無ければ他の動物を狩り始めその肉を食べるオオカミの子孫です。

ペットたちの食事に野菜・果物を加えることでバランスをとった方が良いと専門家たちは口を揃えて言います。彼らも肉には含まれていない栄養・ビタミンを摂取する必要があるのです。

食事としてのフルーツ

しかし、その前にペットたちの体の構造は私たち人間のものとは異なり、消化の方法も違う、ということを頭に入れておきましょう。そのため、ペットたちが口にする果物の量には注意が必要です。彼らが消化しきれないほどの糖分を一度に体に入れてしまう、なんてこともあるからです。

獣医師は、犬たちが食べる食べ物全体の15~20%未満が適量だと言います。それ以上与えてしまうと消化機能が異常を起こし、最悪の場合死に至ってしまいます。

食べてはいけないフルーツ

中には犬たちに有害な成分を多く含む果物も存在するため、「何をあげるか」にも注意が必要です。間違えても与えてしまえば、犬たちの命を危険に晒すことになります。

一方有害でない果物は、犬たちにとってはむしろ良い結果をもたらしてくれます。味を変えることで食べ物に飽きることを防げますし、食物繊維・抗酸化物質など必要な栄養素を摂取することで病気の予防にもなるのです。

食べたほうが良いフルーツ

果物の選び方を知っていれば、悪い習慣・癖の矯正に役立てることもできます。例えばパイナップルは、食糞癖に効果を発揮します。スライスやジュースをドッグフードに混ぜて与えるだけで、犬たちがふんをにおいにくくなるのです。

種や芯は絶対に与えないようにしましょう。人体に影響の出ないほどに微量ながら、犬たちに有害である物質を含んでいることが多いのです。

また、初めて果物を与える際には飼い犬から目を離してはいけません。アレルギー症状などよろしくない反応を示したらすぐにその果物を与えるのを止め、病院へ連れて行きましょう。

オススメのフルーツリスト

1.リンゴ

リンゴはビタミンCとカルシウムを多分に含んでいるため、胃や腸に起こる炎症などの症状を予防・改善することができます。

2.クランベリー

心臓病を防ぐ抗酸化物質・ビタミンC・食物繊維を含みます。有害なため種は与えてはいけません。

3.柿

柿は抵抗力を高め、変性の病や腫瘍の治療・縮小を助けてくれます。犬に与えるべき果物の代表とも言えるフルーツです。

4.バナナ

便秘に苦しむ犬たちにうってつけです。しかしだからといって与えすぎると逆効果となるため注意が必要です。

5.スイカ

スイカは水分を多く含んでおり、夏など喉が渇きやすい時期に最適です。天然の利尿剤としても働き、肥満に悩む犬たちに効果があります。ただし種を取り除くのに、十分な手間と時間をかける必要があります。

有害なフルーツリスト

1.ブドウ・レーズン

ぶどう類は犬たちには有害です。少量でも下痢を引き起こし、大量に食べると腎臓機能に支障をきたし死に至ります。

2.ナッツ類

ナッツなどのフルーツはとても危険です。神経・消化機能・筋肉運動に悪い影響を与えます。

3.アボカド

細菌や腐敗から身を守るためにアボカドはぺリシンと呼ばれる有害物質を含みます。しかしこれは人体には影響がなく、犬・猫・馬などの動物にとってのみ毒となります。

もし飼い犬が食べてはいけないフルーツを少しでも口に入れてしまったら、それで深刻な状態になることは少ないとは思いますが、病院で診てもらうなどの処置は行ってください。