犬は1日に何度食事をするべき?

· 2018年5月13日
科学的に証明されているわけではありませんが、1日に犬が食べる食べ物を少量に数回に分けて与えることがベストのようです。そして、ボウルをいっぱいにしないようにしましょう。なぜなら、犬は自分をコントロールできず食べすぎてしまうので、肥満に繋がってしまうのです。

ペットを飼うことをついに決めた人は、初めてのことですごくわくわくしていることでしょう。しかし、あなたは急に多くの疑問があることに気づきます。最初に出てくる最も重要な疑問の一つは、犬は1日に何度食事をするべきか、ということでしょう。このことに関しては、様々な意見がありますが、今回私たちはその答えを紹介したいと思います。

犬は1日に何度食事をすべきかという疑問の答え

1日に何度食事をすべきかというのは、犬の年齢によるところがあります。例えば、子犬の場合は、1日に多くの回数食事をする必要があります。最低でも4回。子犬は少量しか食べず、健康で早い成長のためには常に栄養が必要となるからです。

犬が成長するにつれ、1日に4回という回数は減っていきます。なので、犬が生後3ヶ月から6ヶ月の時は、犬は1日に3回で足りるようになり、6ヶ月から14ヶ月の時は、1日に2回までその数は減ります。そして14ヶ月から後は、1日に1度で十分になります。これは悪魔でも目安ですので、大人の犬に1日に1回以上食事を与えても問題ありません

1日1食は?

あなたが仕事などの理由で1日1回しか与えられないのであれば、それでも構いません。犬によっては繊細で小さな胃を持っている犬もいるので十分なのです。

ドッグフード

犬は適応力のある動物なので、1日に1回の食事は全く問題ありません。そうはいっても、食べ物の量と質がペットにとって理想的であることに気をつけましょう。

1日2食の方がよい?

健康的な問題を抱えていない大人の犬であれば大丈夫です。朝と午後に餌を与えることが勧められています。そうすることで、必要な分のエナジーが与えられ、ペットは1日中元気でいることができます。

しかしながら、勧められている量の2倍の量を与えなければいけないというわけではありません。そうではなく、その量を2度に分けるようにしましょう。この方法は、すごく元気な犬、または神経質な犬向いていません。ペットの行動を奨励し、共存することを難しくさせるからです。

1日に3、4回餌を与えると決めたなら?

間違いなく、1日に3、4回ペットに餌を与えることは、ペットが大人しく、運動をすることに苦労をしている場合は理想的なオプションです。また体重を落とさないといけない場合も理想的です。

ドッグフードを選ぼう

同じことが人間にもいえます。食事と食事の時間が短ければ短いほど、代謝はよくなります。なので、減量にはとてもいいです。再度いいますが、食べ物の量は同じでないといけません。

獣医さんがどのくらいの量の食べ物をあなたがの犬が食べないといけないのかを教えてくれます。あなたはその量の食べ物を数回に分けて与えてあげるだけです。科学者達によると、数回に分けて1日に食事を与えてあげたほうが、よいエナジーレベルを保ち、体重も健康に保つことができ、健康にもいいようです。

すべきでないこと

餌用のボウルを餌でいっぱいにしたままにすると、犬が好きな時にいつでも餌を食べてしまうので、それはしないようにしましょう。必要以上に食べさせてしまいます。必要以上に犬が空腹だと感じ、なんどもボウルに餌を与えてあげてしまうかもしれません。これが起きなくても、食間の時間がないため、犬の代謝はしっかりと働きません。

ご存知のように、1日に何度犬は食事をすべきかという質問には、いくつかの答えがあります。最終的には、あなたの状況下でベストな方法を決めるのはあなたです。