世界的に有名な人たちが愛したペットとは?

· 2019年3月23日
かつて画家や俳優、歌手、そして政治家など多くの歴史上の人物はユニークなペットを飼っていました。

世界的に有名な人物の生活や習慣そしてサクセスストーリーについて興味を持っている人は多いでしょう。有名な歴史上の人物の才能だけでなく、彼らが飼っていた独特なペットが注目を集めている場合もあります。

歴史上の人物と独特なペット

記事を読み進める前に、まずは野生動物と飼育動物の違いを知っておく必要があります。野生動物が飼育動物として家畜化されると、病気を発生したり行動上の問題が起こるケースが多々あります。その結果、多くの野生動物は家で飼うことが禁止されていて、罰金が課せられます。

しかし長年の間、野生動物を飼う事はエキゾチックでユニークで高貴なものだと考えられていました。これが多くの歴史上の人物が現在では禁止されている野生動物をペットとして飼っていた理由です。

エルビスプレスリーとワラビー

キング・オブ・ロックンロールとして知られるエルビスは有名な動物愛好家で、多くのペットを飼っていました。エルヴィスは犬、鶏、豚、ガチョウ、ヤギを飼っていて、さらにはワラビーの飼育もを試みました。

ワラビー

好奇心旺盛なワラビーは、1950年代コンサートで訪れたオーストラリアで、ファンからエルメスにプレゼントされました。ワラビーは有袋類でカンガルーに似ていますが、体は小さく異なる習慣を持っています。

飼育化するのに失敗した後、エルビスはメンフィス動物園にワラビーを寄付しました。しかしエルビスとワラビーの関係はそれだけではありません。1962年、エルヴィスは再びメンフィス動物園にワラビーの寄付をしたそうです。

ご存知でしたか?:
ボツワナでアフリカゾウ100頭が殺害される

ジョセフィン・ベーカーとチーター

ジョセフィン・ベーカーは著名なダンサーでした。彼女は多くの変わったペットを飼っていました。その中でも特に有名なのはチキータと言う名前のメスのチーターでした。ジョセフィンがチーターと一緒に街中を歩いている写真はとても有名です。

チーター 有名 人物 ペット

チキータはジョセフィンと一緒に音楽やダンスショーにも参加していました。チキータは、ジョセフィンがとても成功していたので、クラブのオーナーが彼女にプレゼントとして送ったのです。

ジョン・クインシー・アダムスとワニ

ジョン・クインシー・アダムスは、アメリカの6代目の大統領であり特別な歴史上の人物の1人でした。大統領としての功績は別として、ホワイトハウスでペットとしてワニを飼っていたことで知られていました。

ワニ

ワニは1824年から25年の間アメリカを訪れたいフランスのマーキスデラファイエット侯爵によって贈られました。ワニは東の部屋のバスルームで数年間飼育されていました。

ホワイトハウスの歴史とワニはアダムスだけではありません。1930年代、第31代アメリカ大統領ハーバードフーバーの息子が、ペットとして飼っていた2匹のワニと一緒にホワイトハウスを訪ねていた記録が残っています。

フリーダ・カーロと鹿のグラニゾ

画家のディエゴ・リベラの妻であり才能溢れる画家フリーダ・カーロはエキゾチックな 多数の野生動物をペットとして飼育しました。犬のほかに猿、野鳥、そしてグラニゾと名付けられた鹿を飼っていました。

鹿

グラニゾはフリーダの絵画「小さな鹿」のインスピレーションになったと言われています。その絵の中で、フリーダは、矢が突き刺さった鹿と自分の顔を合体させました。

こちらもご参考に:
動物たちの権利を守る「行進」

オードリーと雄ジカ

オードリー・ヘプバーンはハリウッドで最も愛され、有名な女優でした。彼女は映画「緑の館」で一緒に撮影した小鹿に恋をしました。オードリーは撮影中に小鹿に小瓶に入れた餌を与えていました。そして子鹿をペピジンと名づけ可愛がったそうです。

子鹿 有名 人物 ペット

ペピジンもすぐにオードリーのことが好きになり、どこへ行っても2人は一緒でした。しかし撮影が終わったとき、オードリーとペピジンは離れ離れになってしまったそうです。

バイロン卿とペットのクマ

イギリス出身の詩人バイロン卿は、国際文化におけるユニークな歴史上の人物です。1805年に、バイロンはトリニティーカレッジで勉強を始めます。彼の犬Boatswainを連れて行きたかったのですが、学校は犬を受け入れるのを拒否したため、その願いはかなえられませんでした。

くま 有名 人物 ペット

トリニティーカレッジに何回も断られた後、バイロンは賢い方法を使ってルールを破るアイデアを思いつきました。バイロンはペットとして熊を飼うことに決め、キャンバスにクマを連れてきていけない規則は無いと主張しました。バイロンの言う通りクマを入れてはいけないと言う規則は存在しなかったので、学校側は、彼のペットのクマを受けいれなければなりませんでした。