世界初!マドリードの犬用プール

· 2018年6月3日

夏の暑い時期、プールはわれわれの頼もしい味方になってくれますが、それはもちろん、犬にとっても同じです。犬たちだって涼みたいんです。そして、その結果ついにスぺインのマドリードには、犬用のプールが出来ました!

犬たちが自由に走れる広大な砂浜、他の犬とも一緒になって遊べる海辺…そんなものはマドリードにはありません。この美しいスペインの街は、海岸線と接していないのですから。それが、今回の犬用プールができたきっかけなのです。では、もっと詳しく見ていきましょう。

世界初の犬用プール

犬大きなボールで遊び中

このプールは、マドリードにあるブルネテという町の牧場に設置されています。牧場は9000平方メートルもの規模を誇り、またプールの深さは犬用を謳っているように80-90cm以下になっています。

海に見えるように造られており、高齢犬や怖がりの犬でも、溺れる心配なくクールダウンできるようになっています。

プールは9月30日までオープンしており、それを過ぎれば、次は水を使わない新しいアクティビティを催すとされています。お昼12時から夜7時、木曜から日曜に開いているので、この機会をちょっと違ったペットとの週末の過ごし方にしてみるのも良いでしょう。

犬と一緒に利用する場合は10ユーロ、下見や散歩での入場は3ユーロとなっています。

ルール

人間用プールと同じように、このプールにもルールがあります。例えば、犬専用ですから、人間はプールに浸かってはいけないということ。怖がりな飼い犬をプールサイドまで同伴する、ということは可能ですが、プールの中に入ることは禁じられているのです。

攻撃的な犬の場合は飼い主が責任を持って常に監視し、場合によっては口輪の装着も要求されるかもしれません。また、発情期の犬は利用できないようにもなっています。

犬たちが自分の好きなように楽しめる、素晴らしい手段であることは確かなのですが、現在時点ブルネテにしかこういったプールは存在していないため、週末や休暇をここで過ごしたいと思ってもやはり面倒だったりしてしまうのです。

犬用プールが近くになかったら?

夏の時期に、どうすれば犬たちを涼ませつつ楽しませられるか思いつかない場合は、以下を試してみると良いでしょう。

犬海に向かって全力疾走中

  • ビーチ プールはなくても海ならある、というところは多いでしょう。中には犬が遊んだり他の犬とコミュニケーションするための場所が、公共のビーチに設置されていることもあります。もし近くにあれば、飼い犬と一緒に行ってみると良いかもしれません。
  • 山 山が好きなら、あなたの犬も連れて行ってあげましょう。標高が高くなれば気候は格段と涼しくなり、夏の暑さから逃れられます。
  • 川 涼しいところで運動させたいというならば、川は最適の場所です。何かしらの入場制限があることも少ないですし、一緒に水遊びすればより楽しい経験となるでしょう。
  • ドッグラン・ドッグパーク 他の方法が難しそうなら、近くのドッグランに連れて行き、他の犬たちと遊ばせても十分に楽しめるでしょう。

何にせよ、犬たちには運動と娯楽が必須です。楽しみながら、共に生活していきましょう。