人気のミニチュアペットたちとは?

· 2019年3月14日
ミニチュアペットは遺伝子の操作によって、体があまり大きくなりません。今ではミニチュアの犬やブタ、さらにはウシなどの動物がたくさんの人に愛されています。

ミニチュアペットの新たな人気は今やすっかり定着したようです。ミニチュア犬からウシまで、その広がりは留まるところを知りません。現在ではパートナーとして、屋内で飼いやすいミニチュアペットを求める人が大勢います。そんなミニチュアの動物たちも、他の色々なペットとまったく同じように、たくさんの愛情を必要とします。

愛らしいミニチュアペットたち

ミニチュアペットは今やすっかりその地位を確立しました。犬やウシ、ブタなどその種類はさまざまです。

こういった動物を家族の一員として迎える人はますます増えています。ミニチュアペットを家に迎える前に、どういった世話が必要なのか知っておきましょう。

ミニチュアペットは遺伝子の操作によって、体が大きくなりすぎないまま一生を過ごします。ですから大人になっても、赤ん坊のように小さいままです。

これほどの人気が出た主な理由は、その小さな姿が庇護欲をかき立てるためでしょう。小さくて可愛らしく、世話をしやすいことが飼い主に人気の理由です。

ミニチュアペットの種類

ミニチュア犬

犬はペットの中でも一、二を争う人気者であることは間違いありません。小さなワンちゃんたちはさらに愛らしい存在です。もともと体の小さな犬種もありますが、遺伝的にデザインされたミニチュア犬も多く生み出されています。中にはかばんや自転車のカゴに入れるくらい小さなワンちゃんもいて、飼い主と一緒にどこへでもお出かけできます。

非常に可愛らしいミニチュア犬ですが、他の犬と比べると体は強くないので、飼い主はよく気をつけて世話をしてあげなければなりません。

家の中では間違えてぶつかったり踏んでしまったりしないよう、よく注意しておきましょう。勢いよくぶつかってしまえば、命に関わることもあります。一般的な犬よりも体が弱いので、怪我にはとても気をつけなければいけません。

一方で、ミニチュア犬の性格はたいてい中型犬などよりも積極的でよく吠えます。また知らない人にはあまり友好的ではありません。

ミニチュアペットを飼おうと考えているのなら、普通の犬と同じようにしつけやトレーニングをするとよいでしょう。必要に応じてふるまい方を教えましょう。ミニチュア犬の種類にはティーカップ・マルチーズ、トイプードル、ミニチュア・ピンシャーなどがいます。

ミニウシ

最近ではミニウシも人気があります。二酸化炭素の排出量を減らすことを目的として、遺伝子の組換えによって開発されました。

ミニウシ

可愛らしいミニウシはペットとしても人気があります。体が小さいため、都市部でも家の中で飼うことができます。性格も賢く穏やかです。

ただし、ミニウシを飼ってみたいのなら、十分な生活スペースやその他の条件が揃っているかどうかよく確認してからにしましょう。お近くの獣医とも相談してアドバイスを受け、準備が整ってからお迎えしてください。

ミニブタ

今ではミニブタは世界中で人気のペットです。

ミニブタ ミニチュアペット

ミニブタには毛がないので、抜け毛や呼吸器の問題などの心配がなく、家で飼うペットとしては理想的です。素直で人懐こく、人とじゃれたり遊んだりするのも好きです。主食は野菜類で、場所も取らず、汗腺がないため臭いの問題もありません。

ミニブタの人気はすでに定着して久しく、愛情深い素敵なパートナーとなってくれるでしょう。

ミニブタの場合も、やはり家族として迎える前には獣医と相談して必要なアドバイスを受けておきましょう。ペットにどのような世話と環境が必要か、必ず理解してから飼うようにしてください。