ケガをした女性を助けた捨て犬

· 2018年8月29日
これはケガをした女性の命を助けた捨て犬の物語です。

最近インターネットで話題になった動画がありました。その動画には、車の事故でケガをした女性が映っていましたが、誰も彼女の助けには来なかったのです。これは動物の忠誠心や愛情とは反対の人間の冷酷さを示しているかのようです。そして、今回はケガをした女性を助けた犬の話をお伝えします。

「動物は人よりも優れている」というフレーズは徐々に人気になり、広まっています。時間が経ち、人間同士が冷たくなることが多くなるにつれ、私たちは動物のありがたさを感じるようになってきています。

怪我をした女性の命を救った犬

事故が起きた際、いかに早く行動できるかが事故に遭った人の運命を左右します。それでは、犬が事故に遭った女性を救ったという今回の心温まる物語を詳しく見ていきましょう。

シャノンという女性は交通事故で怪我をしました。彼女はジョージア州の道路を運転していましたが、想像していたよりも大きく角度のあるカーブを曲がり切れませんでした。そして、何が起こるか分からないうちに意識不明に陥っていたのでした。彼女が目覚めると、車にはロックがかかっており、動くのもままならない状態でした。また、強風が吹いていたため、ドアを開けることができませんでした。

シャノンの車は溝に落ちて隠れた状態になっていたため、他のドライバーが通り過ぎてもシャノンの車を見つけることはありませんでした。彼女は最悪の状況を考え始めました。

突如現れたジャーマン・シェパード

この時、現場に既にレスキューがいるなんて彼女は考えてもいなかったのでした。そして、ここで今回の主人公が表れるのです。美しいジャーマン・シェパードのヒーローは、シャノンの命を彼女に変わって救ったのでした。

ヒーローは時間を無駄にしませんでした。車に入るとすぐにシャノンの安否を確認したのです。そして、ヒーローはシャノンのシャツの首元を引っ張り、車から彼女を引っ張り出そうとしました。「彼(犬)は決して諦めることなく、私のことを懸命に引っ張り続けたのでした。私の代わりに命を守ろうと闘い続けてくれたのです。」シャノンはこう語りました。

ヒーローの努力は報われました。シャノンを車から引っ張り出すことに成功し、助けを求めることができる道路まで連れて行ったのでした。救助されるとシャノンはすぐに気を失い、目が覚めた病院では何が起こったか覚えていない状態でした。しかし、ヒーローのことは忘れてはいませんでした。

そして、シャノンはヒーローが捨て犬だったことを知ると引き取ろうとしましたが、それは願いはかないませんでした。しかし、この物語が有名になったおかげでヒーローは表彰され、そこから彼の人生は大きく変わったのです。

シャノンはヒーローを飼うことはできませんでしたが、彼の能力と勇気を高く評価する人々は沢山いました。そして、ヒーローを引き取った里親は、ヒーローを警察の捜索救助犬になるように訓練するドッグトレーナーだったのです。素晴らしい仕事をしたヒーローには、今後もぜひとも頑張ってもらいたいですね!

 

動物の人間に対しての愛情

動物の人間に対しての愛情には驚かされます。時間の経過と共に、人間は動物と触れ合う機会が減ってきてしまっているようです。歴史を通して人間がもたらした害から、なかには人間を恐れている動物もいます。しかし、動物に「目には目を」という概念はありません。

今回の物語は正にそれの証明です。ヒーローはシャノンのにおいを嗅いで放置することもできました。あるいは、道路に出て助けを呼ぶだけでもよかったのです。

しかし、ヒーローは全力でシャノンの命を救うために戦ったのでした。

ヒーローが怪我をした女性の命を助けたように、似たような物語はこの世の中にあふれています。それにもかかわらず、未だ動物には感情がないと考える人はいるのです。