人工呼吸で犬を救った消防士

· 2018年9月17日

その消防士は、火事から飼い主の命だけでなく、ペットの命を救うために、火の燃えさかる家の中に戻ることを躊躇しませんでした。

犬は濃い煙を吸ったために意識がありませんでしたが、消防士は犬の命を救うために心肺蘇生を行い、なんとその犬は命を取り留めたのです。

この行動を称えられて、このルーマニアの消防士は自国でヒーローとして脚光を浴びました。消防士が犬を救った方法にネット上の多くの人々が感動したのです。消防士は口から口へ人工呼吸を行うマウス・トゥー・マウスをしたのです。

消防士のムグレルさんは燃えさかる家から犬の飼い主を救出した後、今度は犬を救助するために戻ったと述べています。

その時、犬は濃い煙を吸ったために、家の中で意識を失い倒れていたそうです。

そしてためらうことなく、マウス・トゥー・マウスの人工呼吸と心臓マッサージを行いました。この心肺蘇生によって犬は再び呼吸をするようになり、犬の命は救われたのです。

消防士の偉業:犬とその飼い主の命を救う

救助活動中に撮影された動画は、インターネット上で110万回も再生され、ルーマニアのメディアは無グエルさんを「ピテシュティの英雄」とたたえて敬意を表しました。

もし彼が戻って犬を救っていなかったら、その犬は生きていなかったでしょう。

また、ムグエルさんの元にはドバイ、ドイツ、イタリア、イギリス、フランスなど遠く離れた世界中から称賛のメッセージが届きました。

メッセージのほとんどは消防士の功績を支持し称賛するものでしたが、捨てられた犬のために犬の里親の重要性を訴えるメッセージも含まれていたそうです。

ペットを救うための人工呼吸のアドバイス

まず最初に、喉の障害物を取り除かなければなりません。人工呼吸は、ペットの気道を開き、軌道から障害物をなくさなければ始めることができません。

次に、ペットの頭を持ち上げ、口に息を吹き込んでください。動物の胸は膨らむでしょう。一度につき、2回息を吹き込みます。

胸の圧迫。大型犬の場合、仰向けに寝かせて人間と同じような心臓マッサージを行うことができます。

・小型犬(または猫)の場合は、膝に寝かせてください。肋骨を圧迫しながら、両側を押してください。

息を吹き込むリズムと心臓マッサージは犬のサイズによって様々です。

人工呼吸と心臓マッサージ

心臓マッサージをペットに行う場合、人工呼吸と心臓マッサージをそれぞれ行う回数は人間の場合とほぼ同じで良いでしょう。

動物が反応し、自分で呼吸ができるようになるまでマッサージを続けましょう。

消防士の勇敢な行動

日ごろから、消防士は人や動物の一大事に関わる状況に直面しています。例えば、火事の消火活動の後に、気に登って降りられなくなった動物を救助することもあるでしょう。

消防士は人を救う仕事をする英雄たちです。そして彼らの英雄的行動は決して忘れられるべきではありません。ペットを救ってもらった飼い主は永遠に感謝し続けることでしょう。

犬の口に関する注意事項

犬にキスをする人は、ペットから移った口腔疾患にかかりやすい傾向があると多くの研究で証明されています。

飼い主の多くは、犬を家族の一員だと考える傾向があります。家族の一員として迎え入れるのは良いことですが、犬は人間ではなく、私たちとは異なる動物であることも覚えておかなければなりません。特に、犬は人間に害を与える可能性のある特定の物質、ウィルスおよび細菌に対して免疫があることを留意しておいてください。

犬が自分の性器を舐め、地面に落ちているものを口で拾い、思いがけない場所に鼻を擦り付けたりするのは、誰もが知っていることです。

犬を愛しているからといって、適切な衛生管理を怠っていいわけではありません。

特に家で飼っている動物は厳重に注意する必要があります。飼い主はペットに予防接種を受けさせてあげてください。お風呂に入ったり、ブラッシングしたり、歯を磨くなど毎日の衛生的習慣を怠らないでください。

ペットの衛生状態や健康状態が良ければ良いほど、ペットと人間の共同生活はうまくいき、より深い絆をつなぐことができます。

他にも、虫下しなどは、特に重要です。内部および外部寄生虫の虫下しは必要不可欠で、特に内部の虫下しは犬の健康を維持するために最も大事な選択です。獣医が処方する虫下しは非常に効果的です。またこの薬は、人間に病気が伝染するのを避けるためにも役立ちます。

https://myanimals.com/a-fireman-saves-the-life-of-a-dog-using-mouth-to-mouth-breathing/