ガラパゴス諸島の野生動物を見てみよう!

· 2019年3月27日
ガラパゴス諸島は地球上で非常に特別な場所と言っても過言ではないでしょう。その地質学的形成だけではなく、そこに住む動物たちは非常にユニークです。

海の真ん中に存在するガラガラバゴス諸島は人口が少なくユニークな野生動物が生息する特別な場所です。

ガラパゴス諸島とは?

ガラパゴス諸島は、エクアドル海岸から600マイルほど離れた太平洋の島々の集まりです。行政的にはエクアドルに属しており、エクアドルは島の生活を保護し保存する責任があります。

19の異なる大きさの島と200以上の小さな島々と岩で構成されています。最新の国勢調査によると、およそ25,000人がガラパゴス諸島に住んでいますが、年間およそ200,000人もの観光客がやってくるそうです。

ガラパゴス諸島の有名な野生動物:カメ

ガラパゴス諸島の野生動物と聞くと、真っ先にカメや爬虫類を思いつくかもしれません。ガラパゴスゾウガメ(記事の1番上の写真)は、島に生息するゾウガメの1種です。

かつては、14もの異なる種類がいましたが、そのうち4種は絶滅してしまいました。一人ぼっちのジョージはその悲しい例の1つです。ジョージはその種の唯一の生き残りで、100歳で死ぬまで島に住み続けていました。

リクガメ以外に他のカメも存在します。ガラパゴスアオウミガメはアオウミガメの亜種で、太平洋の海岸に住んでいますが産卵のために島に戻ります。

ご存知でしたか?:
絶滅危惧種のカメについて学ぼう

ユニークな爬虫類とイグアナ

ユニークな野生動物のもう一つの例は海洋イグアナです。海から餌を得る唯一のトカゲとして知られています。食事は主に海藻を食べます。大きなオスだけが泳ぐことができ、メスと子供たちは干潮時にゆっくりと手足をバタバタさせて食べ物を探しに行きます。

イグアナ

大きいものは最長3フィート以上もあり、30ポンド以上の重さがあります。食事の影響により、多くの塩を消費します。それを取り除くために、鼻を通して塩の結晶を排出します。

食べ物を探していない場合は、その行動はトカゲやイグアナと非常に似ています。日光浴をして体を温める習慣があります。肌は早く効果的に熱を吸収するため他のトカゲよりも黒色をしています。

こちらもご参考に:
サルモネラ中毒と爬虫類の関係性について

鳥類:水生動物以外にもたくさんの動物が生息

ガラパゴス諸島の在来種のほとんどは鳥です。ペンギン、フィンチ、鵜、かもめ、フクロウ、ペリカン、実に様々な種類が存在しています。

ペンギン ガラパゴス諸島 野生動物

ガラパゴスペンギンは、赤道の北に住んでいる唯一のペンギンです。重さわずか5.5ポンドほどで最も小さいペンギンです。黒色をしていてお腹は白色で成り立っています。

また、13種類の異なるフィンチもこの島に住んでいます。その変わった食習慣から最もよく知られているのは、吸血鳥のハシボソガラパゴスフィンチです。ハシボソガラパゴスフィンチは他の鳥の血を吸って常食します。くちばしを除いた他の部分は、すべてどの種類も似たような形をしています。くちばしは非常に鋭く何を食べるかによって形と大きさが異なっています。

ガラパゴスコバネウは、特殊で翼が退化して、まったく飛べません。他の鵜ように魚を捕まえるために海に飛び込みます。羽は飛行には小さすぎるので、代わりに得意な泳ぎをして食料を捕まえます。

様々なフクロウもガラパゴス諸島に住んでいます。他の鳥とは異なり海から食事を調達しません。主に他の鳥を探して食べます。大陸のフクロウとは異なり夜間ではなく日中に狩りをする習慣があります。

最小の爬虫類:溶岩トカゲ

トカゲも様々な種類がこの島に存在していますが、溶岩トカゲは生息する最も小さいトカゲです。その大きさは最長10インチ程ですが、オスはメスよりおよそ3倍大きいです。

トカゲ ガラパゴス諸島 野生動物

溶岩トカゲは昆虫を食べます。行動や生息している場所は他のトカゲと非常によく似ています。主に平野に住んでいますが、隠れやすい草木が茂っている場所にいる場合もあります。体温を上げるために日光浴する必要があります。

ガラパゴス諸島は何千年もの間孤立してきたため、地球上で最もユニークな動物の生息が確認されています。保存保護対策のおかげで、何百種類物の生き物が絶滅危惧種危急種の対象となり大切に保護されています。