映画「ペット」:想像力豊かで陽気な作品

· 2018年7月29日

あなたが家にいない時にペットが何をしているか疑問に思ったことはありませんか?これは映画「ペット」の非常に興味をそそられる前提です。この映画は、飼い主が出かけてペットが一匹で家にいるときに起こる大騒動をユーモラスに描いたストーリーです。

映画「ペット」の内容

控えめに言ってもこの映画は面白くオリジナリティーにあふれています。映画の主人公はマックスと言う名前の犬です。マックスは家族と一緒に幸せな人生を送っていましたが、急にその人生は変わってしまいます。デュークと言う名前の新しい犬が家にやってきたからです。

デュークは新しく家族の一員になったばかりなので、今まですべてマックスに注がれていた愛情や注意を飼い主から独り占めにしてしまいます。2匹が争う場面では、思わずお腹を抱えて笑ってしまいます。

しかしマックスはライバルへの関心を失い始めます。どうしてでしょう?マックスは捨てられて恨みに思っているウサギが、軍を形成していることを知ったからです。うさぎの目的は、家族と一緒に幸せに住んでいる全てのペットを排除することでした。マックスは軍の仲間にデュークと一緒に入ることになってしまいました。以前はお互いに争っていたマックスとデュークでしたが、今度はこの戦いに勝つためにお互いに味方になる必要がありました。

映画「ペット」が教えてくれること

もちろん、この映画はペットの視点に立って作られています。それでもペットについて私たちに教えてくれることがたくさんあります。

・ペットが持つ知覚。ペットは飼い主のことを愛しています。その愛に疑いの余地はありません。またペットは飼い主を上司のように慕って、喜ばせてあげよう、あまり多くのトラブルを起こさないでおこうと努力しています。とは言うものの、映画の中で冷蔵庫の中のチキンとケーキを食べる猫は、かなりのトラブルを引き起こしているように見えますが!

・私たちの生活に合わせる適応力。活発な犬が静かで穏やかな犬に変わるのを見たことがありますか?その理由は、ペットが住んでいる環境と飼い主に適応する能力を持っているからです。映画ではぎこちない髪をした「洗練された」上品そうな犬が登場します。モーツァルトを聞いていますが、オーナーが去るとヘビメタの曲に変えてしまいます。

・ペットそれぞれの人格。それぞれに非常にユニークな個性があります。周囲の環境に合わせますが、好きなものや気に入らないものもあります。マックスは美しい犬ギジェットのことが好きではありません。プードルのレオナルドは、飼い主の音楽が気に入りませんでした。そして猫のクロエは、ありきたりのキャットフードよりもチキンを好みました。

・私たちの愛を必要とするペット。もし望むのであれば、新しいペットを家に連れて帰るのは問題ではありません。しかし、元いたペットが交換されたり、あまり可愛がられなくなるような事は決してしないでください。すべてのペットに十分な愛情を持って接し、平等に扱い、誰もが幸せで愛されてると感じるようにしてください。

・ペットを放棄した悲しい結末。うさぎの戦士スノーボールは、捨てられた後、憎しみで満たされてしまいました。捨てられた動物がこの楽しい映画のように戦いを始め軍を組織する事はほとんどありませんが、ペット放棄はペットに精神障害と恐怖を引き起こします。場合によってはペットは回復不可能に陥り、かなり攻撃的になることがあります。

映画「ペット」は非常に素晴らしい映画で、高い興行収入を記録し、何百万人もの人がお腹を抱えて笑った映画です。そして楽しくて愛情のある面白いペットのイメージは、おそらく映画を見た人にペットを引き取ろうと言う気持ちを促したのではないでしょうか。お腹を抱えて笑いたいですか?あなたにピッタリの映画のトレーラーはここから見られます!