動物の知能:犬は人を騙すことがある?

· 2018年8月27日

その優れた知能から「人類の親友」として長い間重宝されてきた犬たちですが、彼らが人間を騙すことがあるという事実が、最近の研究によって明らかにされました。騙すというと聞こえが悪いですが、その他多くの動物と異なり、物事を理解し、学習し、そして嘘をつくことができるのですから、とても人間に似ていると言えるでしょう。

人間についで賢い動物?

犬を飼ったことのない人にとっては信じがたいことかもしれませんが、犬たちのいたずらにはいつも驚かされてしまうものです。

犬の知能2

話を聞いて、それを理解して、人を慰められるだけに留まらず、人を騙して、操ることもできるほどに犬たちは賢いという研究結果が、チューリッヒの研究所によって発表されました。

人を騙す犬たちの調査

おもちゃや食べ物など自分の欲しいものを手に入れたいとき、犬たちはとてもずる賢くなることがあります。こういった行動は「欺瞞行為」とも呼ばれます。

犬種も性別も異なる27匹の犬が調査に参加し、それぞれソーセージをポケットに入れている人、入れていない人の2人の人間の前に立たせました。食事を置くボウルは少し離れた場所にあります。

調査が始まると犬たちは2人のうちソーセージを持っている人だけをボウルのある方向に案内し始め、そうでない方の人間のことは全く意にも介さなかったそうです。

調査結果

この調査によって最も確かに言えることは、「犬は人を騙すことができる」ことだそうです。また欲しいものをくれるのであれば、相手の人間を知っているかどうかは関係ないようなのです。

犬がこういった行動をとる主な要因となり得るのは、やはり「食べ物」であると言います。

この結果は、彼らの認知能力及び人と暮らす際の柔軟性を理解するのに役立ちます。犬たちが大切にされる世の中である以上、彼らのメンタリティについて知っておくことはとても重要なのです。

犬の知能

犬たちの知能に関してエキスパートであるカナダの心理学者は、これを3つに区別します。

  • 本能的知能 牧畜を管理する、特定のものを感知するなど、訓練を受けたことをこなす能力
  • 順応的知能 問題解決を行なおうとする能力
  • 服従的知能 人間から学ぶ能力

ある犬は盲目の人間の生活を手助けし、またある犬は雪の中から遭難者を捜索します。外部からの刺激によって彼らは、様々な分野に長けることができるのです。

犬は、飼い主の性格からユーモアのセンスまで、あらゆるものに順応することができると分かっています。心に決めたことなら何でもこなすことができる、知能の高い動物なのです。

賢い犬種

もちろんどのワンちゃんも賢いのですが、「中でも特に頭の良い」犬種というものが存在しているのも事実です。

犬の知能3

この10種が、中でも理解力・適応力に優れた子たちだとされており、補助犬や警察犬などの仕事を任されることが多いです