動物愛護団体が廃止を求める「犬肉祭」

· 2018年5月12日
世界中の中華レストランで提供される食べ物にまつわる噂はたくさんあります。町にいた猫や犬がいなくなったなんて冗談さえあります。

 

犬の肉に関するジョークは、本当の現実と確実さを知るまでは面白く聞こえるかもしれません。今回は2010年に中国で始まったフェスティバルと、それを廃止しようとする活動家たちの紹介をします。

中国の犬肉祭

ケージの中の犬

犬を食べるのは他の動物を食べるのと同じで、私たちが生まれ育った環境が、精神的な壁を作っているという人がいます。一方、非常に残酷だと主張する人もいます。このブログではどちら側に立つつもりもありませんが、中国の犬肉祭を廃止しようと活動家たちが行動を起こしている事実を知らせようと思います。

このフェスティバルは2010年に始まり、その地域のレストランによると、中国の文化的価値を称賛するイベントです。毎夏(6月20日)、その地域の人々と、犬肉を食べるためだけにやってくる人に振舞うため、1000万〜2000万匹の犬が犠牲になっています。

内陸部の広西地域だけで、少なくとも1万匹の犬たちが犠牲にされています。多くは盗まれ、最終的に最高落札者に食べられてしまいます。地方自治体が労働者の立ち入りを禁止し、イベントの規模を制限しています。

犬の扱い

中国では犬を食用として食べる文化があるので、犬肉に対する議論が文化相違だけであるのなら、なぜ活動家は中国で犬肉祭を廃止しようとしているのでしょうか?

答えは簡単です:それが動物の虐待だからです。フェスティバルは、単に国の文化を育てるものではなく、レストラン所有者が儲けるためのものだからです。

犬とフェンス

虐待の徴候

動物輸送:犬肉祭で食べられる犬は、6〜7匹がイワシのように小さな箱に詰められて運ばれます。水やえさを与えらえることはありません。

殴られる犬:レストランによると、棒で殴ることで、犬は恐怖を感じアドレナリンが増加し、肉のうまみが増すそうです。

盗まれる犬:中国で犬肉は食べられていますが、ペットとして犬を可愛がる人も多くいます。犬肉祭では、ペットが盗まれ飼い主は友人を奪われるのです。

食料規制の欠如:犬肉祭の衛生観念は低く、食べるだけで危険をもたらします。犬は生きているときだけでなく、死んだ後もひどく扱われていると活動家は指摘します。

活動家たちは、地元政府の声を利用して、活動を起こしていますが、この祭りをただちに廃止したいと願っています。活動家が願うのは、6月20日に中国の人が誰一人として犬の肉や猫の肉を食べないということです。それが可能かどうかは、は定かではありませんが、明らかなのは、目標にたどり着くまで活動家たちは立ち止まらないということです。