ドッグウェア・コレクション

· 2018年7月22日

ペットをドレスアップすることは、古くから始まった贅沢でよく知られた習慣です。しかし、この傾向は時間の経過とともに変化してきました。なぜなら、ますます多くの人が動物に服を着せるようになったからです。多くのセレブもペットに服を着せています。アドルフォドミンゲスのような偉大なデザイナーも、犬のための服のコレクションを、彼の想像力を無限に使ってデザインしています。

アドルフォドミンゲスは、犬のための独特でユニークな犬服のコレクションを作りました。犬を飼ってる人にとって夢のようなコレクションです。このコレクションについてもう少し学んでみましょう。

アドルフォドミンゲスによる犬のための新しいコレクション

ニットを着た犬

犬に服を着せるのが流行り始めた当時、レインコートやハンドメイドのウールジャージが作られました。しかし今では、ダイヤモンドの首輪など犬のアクセサリーや、様々な種類のコレクションが揃っています。

アドルフォドミンゲスは、飼い主のユニークなスタイルと調和して、犬の服をデザインすると言う課題にチャレンジし続けています。彼は、非常に高級で、かつ楽しいデザインの最高品質の服を作っています。

アドルフォドミンゲスの服のカタログでは、短く暗い毛の色をした犬がモデルとなって登場します。しかし、以下の写真のように、彼の作る服はどんな犬にも似合って非常に可愛いです。

・襟の高いのジャージ。ジャージは、ペットの不快感を和らげるために十分に幅があり、わずかに襟を高くして高品質の白い羊毛で作られています。エレガントで暖かく冬の散歩をスタイリッシュにコーディネートします。

・赤い情熱。赤いガーネットで半月型の美しい防水コートは、魅力的で高級感溢れるデザインです。このようなデザインは他では見つけることができません。

赤いケープを着た犬

・レインコート。アドルフォドミンゲスはアースカラーのレインコートを作りました。このレインコートは、今まで見たことのないようなデザインで、まるでシャーロック・ホームズのような壮大なルックスです。首輪をつけることによってよりスタイリッシュに仕上がっています。

もちろんこれらのコレクションの価格設定は高く、誰もが買えるわけではありません。犬に何か服を着せてあげたいと思っていても、予算があまりない場合は、他のアイディアを検討する必要があります。

犬をドレスアップするためのアイディア

予算が限られている場合は、犬のために自分で服を作ってあげるのがよいでしょう。裁縫が得意ならば、犬の服を作ることは非常に簡単です。次の手順に従ってください。

・犬の体の幅と長さの測定値をとる。自分自身のために服を作るときと同じように服のパターン(型紙)を作ってください。前足用に前面に穴をあけることを忘れないでください。

・古いセーターを選んで、上に型紙を置いてマークされた線に沿ってカットします。

・セーターが古いためにすぐ擦り切れてしまう可能性があります。縫い目を強化してください。

長年着用していない古いジャージがあるならば、袖を切るだけで簡単に犬の服が作れます。ペットがあまり大きくないサイズならば、足のために前面部に2つ穴を作ってください。そうすれば、冬の間、犬は暖かく快適に過ごすことができます。

その他にもいくつか簡単なアイディアがあります。例えば、犬の背中を覆うために1枚の布を切って簡単なケープを作ることもできます。ユニークに仕上げるために様々な色を使ってみてください。

アドルフォドミンゲスのデザイン服を買うことはできないかもしれません。しかし、自分たちで作って様々なアイディアを出すうちに、もっと安い値段で買える独自の犬服コレクションを立ち上げる前例となるかもしれません。

偉大なデザイナーのコレクションを羨むだけでなく、ペットの服を縫うアイデアを見つけるために、私たちの雑誌をチェックしてみてください。