三本足の猫と片腕の少女

· 2018年10月2日
リプトンファミリーは、片腕のない娘のために、ペットを飼うことにしましたが、まさか娘と同じ境遇の猫を飼うことになるとは思いませんでした。

スカーレットは希少ガンに勇気と強い意志で打ち勝った少女です。彼女は、わずか生後10ヶ月の時に腕を失いました。2歳となった今、ペットの猫をとても可愛がっています。猫のドクもまた車にひかれて足を切断された後、リプトンファミリーはドクを家族の一員に向かえ入れ、2人は親友になったのです。

スカーレットは、猫に初めて会った際、とても興奮していました。そして、その猫がスカーレットと同じように足を失っていることに気がつきました。ドクもまた、スカーレットと同じように戦ってきたのです。ドクはすぐに新しい家に慣れました。ドクはいろいろな制限はあるものの、とても活発でジャンプするのが大好きです。そして、ドクが1番好きな場所はなんといっても、スカーレットの膝の上です。

アニマルセラピー

ペットを飼う事は、身体的にも心理的にも、多くのメリットがあります。現代の健康医療が進むにつれ、動物は治療に使用され始めました。身体的な問題やリハビリ適応障害、統合失調症、社会的問題や精神疾患等に苦しむ人々を助けることができます。

 動物は、心理的な問題を抱える人々の、モチベーションを高め、社会化を促すのに役立っています。最も多く使われている動物は、馬や犬です。犬はセラピーにはもってこいの動物です。犬はコミニュケーションの問題を抱えている人々と一緒にアクティビティをします。また、馬は精神運動性障害を持つ人々にリラクゼーションと非常に穏やかな動きを提供します。

馬や犬のほかに治療に使われている動物として、優しい性格のイルカが挙げられます。

ペットを飼うことによる生活の質の改善

動物と一緒に活動する事は、人々の生活の質を向上させます。これは、個人またはグループで行ったり、監視やトレーナーの下行うことが可能です。もちろん医療従事者も治療に携わっており、患者と患者を取り巻く環境との関係強化を助けます。犬や馬のような非常に受容力のある動物を可愛がる事は、人々に自信と安らぎをもたらし、血圧も安定することが証明されています。また、ペットを飼うことで、社会的な問題を抱えている人々は責任感が強くなって、積極的になりモチベーションも高くなります。特に高齢者は、ペットを飼うことによって責任感が強くなり、そのことでたくさんのメリットを得ています。

ペットが子供にもたらすメリット

犬と一緒にアクティビティをすると、子供の集中力が高まります。勉強や試験の準備にも役立ちます。そして自閉症など精神的孤立に苦しむ子供たちにとって、犬は世界との効果的なつながりになります。犬と触れ合うことで得た何かが、社会的スキルに良い影響を与えます。犬と触れ合いコミニケーションをとることで、自閉症の子供が感情を発見し、今までは感じることができなかった特定の感情を感じられるようになります。

身体的障害の治療

犬は、精神的障害を背負った子供だけでなく、ドアを開けたり物を取ったり基本的な活動ができない神経障害の子供の自律を助けます。リハビリの仲介となり、助手となり生活の質を改善する手助けをします。