あなたの愛犬にも必要?ペット保険について

· 2019年4月3日
一部の犬種は危険であると考えられていることは事実です。そして、そのような場合、飼い主は第3者への損害に対する保険に加入するべきでしょう。しかし、これ以外にもペット保険に加入するべき理由は多くあります。

ペット保険について聞いたことがあるかもしれません。しかし、愛犬が危険とされている犬種である場合のみ必要と思っているかもしれません。確かにその場合はペット保険に加入することは義務ですが、犬種で加入可能かが決まるわけではありません。本記事ではペット保険についてご紹介します。ペット保険を考えている方は必読です。

ペット保険に加入する理由とは?

法律では、飼い主が自分の犬に対して責任があると定めています。そのため、愛犬が他の人やペット、あるいは財産に損害を与えてしまった場合、何らかの方法で“支払う”必要があるのです。あなたは愛犬とその犬種をしっかり理解しているかもしれませんが、ペット保険に加入することに何の問題もありません。

聖書が語る通り、「抑圧は賢者を狂者に変える」のです。もしあなたの愛犬が絶望的な状況に追い込まれたら他のペットや子ども、あるいは他の人に噛みつくかもしれません

実はペット保険の年間費用はそこまでかかりません。そして、保険に加入しておけば問題を避けることができます。他の要素も含めて検討してみてください。

合わせて読みたい:危険犬種って何?国の危険犬種の種類と飼育について

ロットワイラー

例えば、犬のペット保険が義務化されている町もあります。つまり、市や区によって特定の犬、あるいはすべての犬が保険に加入することが義務付けられているのです。そして、この法律から免除されることはありません。あなたがお住まいの地域ではどうなのか、市役所や区役所で確認することをおすすめします。

その一方で、あなたの愛犬が危険とされている犬種でない場合でも、体重が20kg以上あればペット保険が必要です。そして、ペット保険に加入した場合、民事責任がお住まいの地域で求められているものと合致するかを確認する必要があります。

保険は大きな問題を防ぐため、これまで以上に飼い主としての責任の一つになっています。

保険料の比較

必須ではなくてもペット保険に加入することを決めたのであれば、保険料は必ず比較しましょう。ペット保険の平均価格は年間70~90ドルです。しかし、保険会社は顧客争いがあるため、恐らくリーゾナブルなプランが見つかるでしょう。

また、ご自身で加入している保険がペットにも掛けられるか、そして掛けられる場合はどのようなことが補償されているのか確認してもいいでしょう。

合わせて読みたい:凶暴犬?ロットワイラーについて

犬の攻撃性

考慮すべきもう一つの点は犬の価値です。お金の方が動物よりも価値があるとお伝えしているのではありませんが、保険証券に関して知っておくことは大切です。ある犬種は他の犬種よりも保険料が高いのです。このような保険では、万が一あなたの愛犬が迷子になった、盗まれた、あるいは事故に遭ったとき、新しい犬を飼う費用を提供してくれるのです。同様に、動物病院での治療費やペットホテル代も補償されます。

前述のように、危険とされている犬種に関してはペット保険は必須です。保険に加入する際は、保険会社は次のような項目を確認します。

  • あなたの年齢
  • 犯罪歴が無いこと
  • 飼っている犬を世話するための身体的及び心理的能力を持っていること
  • 少なくとも137,094ドルで第三者への損害賠償を保証する保険を購入すること

最後に、既にご存じの通り、犬を飼うことは大きな責任を伴います。また、状況によっては犬の代わりに行動を起こさなくてはいけないのは飼い主のあなたです。ペット保険は、ほんの少しの費用であらゆる場面からあなたを守ってくれます。「転ばぬ先の杖」だと思いませんか?