世界最大の霊長類、ニシゴリラを知る!

· 2019年3月11日
ゴリラの中でも最も一般的なのが西ゴリラです。彼らは1日のほとんどを食事や休息に費やして過ごしています。

人間はゴリラとDNAの98%をシェアしているって知っていましたか?西ゴリラ(ニシゴリラ)が現在世界でも最も大きい霊長類だと知っていましたか?また、信じられないかもしれませんが、ゴリラは草食動物なのです!今日は、アフリカの素晴らしい動物種の一つ、西ゴリラについて見てみましょう。

ゴリラと人類

私たち人間とゴリラの違いの一つはゴリラは二足歩行しないことです。そして手足も私たちのものより長いのです。ゴリラは立つと170cm〜198cmと、人間の大人ほどの高さになります。そして体重は人間と比べ、ずっと重いです。その重さは200kgほどにまでなります。

また、ゴリラと人間を分ける特性の違いはその顔の構造でしょう。ゴリラは突き出た顎をしており、草食でフルーツや葉を食べます。ゴリラの平均寿命は約40年で、子供のゴリラは4歳ごろまで母親と一緒に暮らします。

ゴリラは2種類に分けられます。西ゴリラと東ゴリラです。これらのグループの中に亜種があります。西ゴリラは西ローランドゴリラとクロスリバーゴリラに分けられます。東ゴリラはマウンテンゴリラと東ローランドゴリラです。

こちらもお読みください:ジェーン・グドール博士をご存知ですか?

西ゴリラの特性

ゴリラの中でも最も一般的なのが西ゴリラです。専門家は約100,000頭を概算しており、彼らは1日のほとんどを食事や休息に費やして過ごしています。毎日、土の上や木の枝の上に葉をを集めて「ベッド」を作りますが、オスは土の上で眠ることが多いようです。

世界最大の霊長類、西ゴリラを知る!

ゴリラの一家は様々なメンバーで成り立ちます。独裁的なオス(サイズや銀色に輝く背中のマークでわかるでしょう)、その下に付く2匹のオス、複数のメスと子供たちです。テリトリーは200〜5,000ヘクターにまで及びますが、他のグループと場所をシェアすることは問題としていません。

オスは12歳、メスは8歳で性的に成熟します。メスの月経周期は28日で、1度の妊娠につき、子は1頭のみ授かります。およそ5年ごとに妊娠するでしょう。妊娠期は約8ヶ月続き、出産時の子ゴリラは約2㎏です。

西ローランドゴリラとクロスリバーゴリラは生息地によって分けられます。ローランドは森の中やアンゴラ、カメルーン、コンゴ、ガボン、赤道ギニアに生息しています。

一方、クロスリバーゴリラはナイジェリアとカメルーンの間の熱帯ジャングルに生息しています。ローランドゴリラとは頭蓋骨の形や歯の大きさが違います。全てのゴリラの中で、この種が一番存続を脅かされています。野生としては約300頭しかしないのです。とても恥ずかしがり屋で、人間の気配を感じたり、わずかでも危険なサインを感じると逃げます。

こちらもお読みください:最も心の知能指数の高い動物ってなに?

東ゴリラの特性

東ゴリラは最も大きなゴリラ種で、2つの亜種に分けられます。そのひとつ、マウンテンゴリラはおよそ700頭しか残されていません。一方、東ローランドゴリラはもっと一般的で、野生としては16,000頭ほど確認されています。

西ゴリラ

マウンテン種は中央アフリカ、火山国立公園、ヴィルンガ国立公園、ムガヒンガ、ルワンダ、コンゴ、ウガンダに生息しています。戦争、狩り、自然破壊、人間からの病気などがこの種の存続を脅かしています。現在は絶滅に向かうかもしれないという危機的な状況に面しています。

マウンテンゴリラは他のゴリラと比べてより長く、暗い色の毛をしています。これは、気温が0℃にまで下がる場所に住むよう順応しているためです。個々のゴリラの鼻は他のゴリラと違っており、オスはメスよりも大きく、体重も重いでしょう。

一方、ローランドゴリラは広い胴体をしています。顎が特徴で、より長い歯をしています。オスは性的に成熟すると、背中が銀色に輝くでしょう。

ローランドゴリラは草食で、1本の木の葉を1日で全部食べてしまうこともできます。また、種子類、フルーツ、竹、時には虫も食べます。東ローランドゴリラは穏やかで社交的、30頭あまりのメンバーと共に生活します。グループには常にボスとなるオスと数頭のメスがいます。

メスゴリラの妊娠は8ヶ月半続き、一度の妊娠につき一頭のみ身籠もります。赤ちゃんは生後9ヶ月でハイハイし、生後1歳までは母乳を飲みます。1歳半頃で歩き回るようになります。人間の赤ちゃんととてもよく似ていますね!