ペットの死を受け入れる7つの方法

· 2018年6月19日

ペットがあなたの家にやってきたその日からペットは家族の一員になります。かけがえのないペットと人生を共にしていない人にとって、ペットと共有する愛情を理解するのは難しいかもしれません。そして残念なことに、ペットとの絆が深ければ深いほど、ペットの死を受け入れるのは難しくなります。

ペットは最も忠実な友達として、なんでも打ち明けることができ、困った時に頼りになる存在です。けれども人生の幸せは必ず終わりがやってきます。そしてその幸せは愛するペットとの深い絆によって生まれますが、いつかは離れ離れになってしまいます。もしあなたがペットを飼ってるならばペットの死と向き合うのはとても辛い状況です。

すぐに新しい犬を飼う人がいる一方、同じ苦しみを経験したくない人や、今まで一緒にいたペット以上に他の動物を好きになることはないと思ってペットを飼わない人もいます。最近ベッドの死を経験したことがあるでしょうか。あなたを悲しみから少しでも救うための方法を今回はご紹介したいと思います。

ぺットの死との向き合い方

膝の上の子猫

愛するペットが死を迎えようとしている時、頭の中にたくさんの疑問が浮かぶでしょう。早くからそれらに向き合って答えを出すのが重要です。そうすればあなたの大事な友達の差し迫った死にうまく向き合うことができます。いくつかの質問を見てその答えをお教えします。

1.どのように感じるか

犬のペットの死に対して様々な反応をするでしょう。例えば、

・拒絶。あなたはペットの死をまだ受け入れられていないので、様々な場所でペットを見かけたような錯覚に陥ります。心配しないでください。ゆっくり時間をかければ、やがてそれはなくなり、ペットの死を現実のものとして受け入れられるようになるでしょう。

・罪の意識。ペットの死があなたのせいだとか、ペットを十分に世話しなかったせいだと自分を責めるかもしれません。もしペットが健康上の理由で亡くなったならば、なぜ兆候を見逃したんだろうと罪の意識に駆られるかもしれません。けれども決して自分を責めないでください。動物は人間と同様いつかは死ぬのです。もしそれがその犬の寿命であればそれを受け入れなくてはなりません。運命を変えるためにできる事は何も無いのです。

・怒り。最後にペットを見た獣医や、診察の時間に遅れる原因となった渋滞に対して怒りを感じるかもしれません。けれどもそれらに何も罪はありません。もしそれらがなかったとしても、ペットはおそらく亡くなっていたでしょう。

2.この痛みは正常ですか

答えはイエスです。さっき言ったように、動物は家族の一員となっているので、死を深く嘆き悲しむのは当然のことです。おそらく理解しない人もたくさんいるでしょうが、決して辛さ をを恥じることはなく、隠す必要はありません。泣く事は死と向き合う重要な方法です。

3.誰が慰めてくれるか                            

家族やあなたが信用する人、動物好きの友達に慰めてもらうのも一つの方法です。 動物の死を経験したことがある人と体験を共有するのも良いでしょう。こういった人々はあなたの気持ちを理解してくれるでしょう。

4.犬の最後に立ち合うべきか                

事故や老いにによってペットをなくすよりも、これ以上苦しまないために尊厳死を選択する時の方が辛い場合があります。 

犬の最後に立ち会って最後までしっかり看取ってあげることが愛情であり忠誠心を意味すると信じてる人も少なくありません。

本当かどうか真実は人それぞれです。それぞれの関係はユニークです。自分自身がどうしたいのか考えるべきです。2つの状況で自分がどう感じるのか考える必要があります。もしあなたが準備ができてないと感じるのであれば立ち会わないでもよいでしょう。ペットはもう十分にあなたの愛を感じているはずです。

5.ペットの亡骸どうするか

この問題は多くの飼い主を悩ませます。犬の亡骸を庭に埋める人もいれば、火葬して灰を保管する人もいます。加えて、灰になった亡骸を綺麗にしたり、あなたの好みに合わせてカスタマイズする会社もあります。全てはあなた次第です。

6.どうやって子供にペットの死を説明するか

白い子犬と女の子

これはとても敏感な問題ですが、真実を話すのが1番良いでしょう。どうしてペットがもう存在しないのかしっかりと巧みに説明することが重要です。やんわりと「いなくなった」などの曖昧な言葉を使うと子供をより混乱させる可能性があり、ペットの帰りを待ち続けてしまうかもしれません。

7.他の犬を飼うべきか

これは難しい問題であなただけが答えられることです。しかし少し時間を空けるのおすすめします。最初のとても強い悲しみが過ぎ去ってからの方が良いでしょう。そうすることによって新しいペットにもたくさんの愛情を注ぐことができます。