ペットの飼い主に必要な6つの条件

· 2019年3月22日
ペットを飼いたいのなら、十分なスペース、お金、ペットと過ごせる時間、そしあなたの不在時に代わりに世話する人がいなくてはなりません。

猫や犬を飼う事は大きな責任が伴います。ペットは様々なニーズを持った全く異なる動物たちですので、ペットを飼う前に慎重に考えなくてはなりません。今回の記事では、自分が本当にペットを飼う覚悟ができているのか、飼い主として責任をきちんと果たせるのかどうかを確かめる方法をご紹介します。

飼い主としての適性

ネットでかわいい猫や犬の動画を見てすぐにペットが欲しいと思ったのかもしれません。友達の犬が子犬を産んで飼い主を探しているのかもしれません。いずれにせよ、ペットを飼うことは、軽く決められる選択ではありません。動物はおもちゃじゃではありません。飽きたらすぐに捨てることができる単なる物では決してないのです。

自分が本当にペットを飼う覚悟ができているのかわからない、飼う前にもう一度しっかり責任を果たせるのか確かめたいと思っている方は、是非以下の質問に答えてみてください。

1.どうしてペットが欲しいのか?

これは、まず最初に自分自身に問うべき質問であり、正直に答えなければなりません。1人で寂しいからペットが欲しいと思っているのかもしれません、もしくは動物が好きだから、それとも一緒に体を動かす仲間が欲しいからかもしれません。ひょっとしたら子供の頃家でペットを飼っていたのが理由かもしれません。

こちらもご参考に:
新しいペットを飼うまでどのくらい待つべき?

2. 何年もペットの世話をする覚悟ができているか?

犬種や、ケアの有無などによっても異なりますが、通常ペットは10年以上生きることができます。よってペットを飼うことは、長期的な取り組みになります。おそらく10年以上の間、餌をやり、お世話をし、散歩に連れて行き健康管理もしっかり行わなければなりません。

飼い主と遊ぶ猫 飼い主 必要な条件

3. 十分な時間を割くことができるか?

これはとても重要です。ペットを飼うということは、1日中1匹で家に置いておくことでもなければ、あなたが勉強したり休んだりしている間ずっと寝かせておくことでもありません。

特に犬を飼っていたり、都会のアパートに住んでいる場合、ペットは外に出て運動したり活動する必要があります。1日最低でも1回は公園や街の中を散歩してください。雨が降っていても雪が降っていても寒くても暑くても必ずしなければいけないことです。

また、ひとりきりで8時間以上放置しておくべきではありません。不安や鬱そしてストレスのために様々な行動上の問題を引き起こす恐れがあるからです。朝早く家を出て行き、帰ってくるのがとても遅いのであれば、ペットを飼うのはやめておきましょう。

ご存知でしたか?:
必要なものはこれ!猫を飼うことに決めたあなたへ

4、十分なお金を持っているか?

自分で作ったものにせよ、市販のものにせよ、ペットの餌はお金がかかります。その他にも、獣医の医療費、おもちゃ、ベッド、様々なことにお金がかかってきます。人間ほど食べないようには見えますが(動物によりますが)、本当にペットを食べさせていけるのか慎重に考える必要があります。

飼い主と遊ぶ犬 飼い主 必要な条件

10年以上生きる生き物だということを忘れないでください。未来のこともしっかり考えましょう。もちろん未来が本当にどうなるのかは予測することはできませんが、借金を抱えていて毎月のやりくりも苦しいようであれば、今はペットを飼うのにふさわしい時期では無いのかもしれません。

5. あなたが不在の間、ペットのお世話をする人がいるか?

旅行へ出かけたり、数日間犬を置いておかなければならないとき、あなたの代わりに誰かペットを世話してくれる人がいるでしょうか?

これはあなたが病気になった時や予想していなかった何か悪いことが起こった時にも当てはまります。多くの人は「代理の飼い主」にペットのお世話を頼みます。

6、十分なスペースがあるか?

最後に、ペットを迎え入れるのに、十分なスペースが家にあるかどうか確認することが大事です。もちろん引っ越すこともできますが、狭いところに住んでいる場合はプードルやパグなど小型犬を選ぶと良いでしょう。