ペット大喜び!?自宅でプールを楽しんでみよう!

· 2019年4月13日
夏を最大限に楽しませてあげたいですよね。しかし、庭にプールが付いている家を持つ人や、小さなプールを置くスペースが無い方ももちろんいると思います。

ペットと一緒にプールで泳ぐのは楽しいことですが、他のペット、子ども、お年寄りなどが巻き込まれて大きなな怪我をしてしまうような事故を防ぐため、必要な対策を講じる必要があります。

 

ペットと自宅のプール:危険

ペットと自宅のプールで泳ぐことはとても楽しいことですが、それには危険を伴います。暑い夏の日には、人がそうであるようにペットも水に飛び込むのが大好きです。そこで、責任ある飼い主として、特にペットが一匹でプールサイドにいる場合は、最新の注意を払う必要があります。

ペットにとって最大の危険の一つはプールに落ちることです。直ぐに救出されないと殆どの場合、ペットは溺れてしまいます。そこで不慮の事故を防ぐためにも、可能な限りの予防策を行うことが重要なのです。

ペットと自宅のプール:事故を防ぐ方法

安全装置

プールの周りの安全策には、安全装置が非常に有効です。プールエリアに入れないようにするには、あらゆるタイプのフェンスや自動システムを使用できます。

このフェンスや自動安全装置はプールを見守る人がいない際もペット、子ども、お年寄りなどを危険から守ってくれます。フェンスの耐久性を保証するためには専門家に設置してもらいましょう。

プールと危害

最もよくある事故に加えて、プールの衛生管理と密接に関連している様々な危害についても考慮する必要があります。安全に泳ぐためには、プールの水質管理はしておきましょう。犬はプールの水だけでなく、その他の物も飲んでしまうかもしれないからです。

合わせて読みたい:犬を海へ連れて行こう!愛犬と楽しい一日を

犬とプール ペット   自宅  プール

プールの衛生を保つのに、水のpHは重要な要素の一つです。透き通った清潔な水にするためは、pHは7.2~7.6の間に管理しましょう。同様に、水の循環、プール掃除、そしてプールの水質管理に必要な薬品にも気を付けましょう。

ファーストエイドキット

基本的なファーストエイドキットはプールサイドに常備しておきましょう。また、自宅にプールがある場合、フロートとライフジャケットも手元に用意しておきます。救急車を呼べるように固定電話や携帯電話も必要です。また、プールエリアには緊急時の連絡先を見える場所に貼っておきましょう。

プールの入り口を管理

もう一つの安全対策は、ペットも含む家族全員を危険から守るために、プールの入り口を管理することです。

積極的な監視

ペット関連の事故を防ぐためには、積極的なプールの監視も必要な安全対策です。家族、友人、ペットなどがプールエリアにいるときは、最低1人の大人が責任者としてプールエリアを監視するようにしましょう。この人は監視役として泳げることが前提です。

合わせて読みたい:世界初!マドリードの犬用プール

犬用プール ペット   自宅  プール

動物、特に犬は本能的に泳げると思っている人は多いものです。しかし、犬なら必ずしも泳げるというわけではありません。プール、湖、海に犬を連れて行くときは犬に注意を払いましょう。また、トラウマになる可能性もあるため、無理やり水に入れようとするのもよくありません。

最高の楽しみ

夏を最大限に楽しませてあげたいですよね。しかし、庭にプールが付いている家を持つ人や、小さなプールを置くスペースが無い方ももちろんいると思います。そんなあなたには、犬や他のペットのために作られたウォーターパークがおすすめです。

最初の犬用高級スイミングプールはスペインのマドリードにオープンしました。このプールでは人間が泳ぐことは禁止されています。この場所は「ドギーキャンパス」と呼ばれ、水深は約80~90cmあります。

今回ご紹介した安全対策をとれば、ペットと自宅のプールは「最高の楽しみ」になるでしょう。