永遠の友達:狼と犬の間に生まれた友情

· 2018年7月14日

異なる動物の間で生まれる友情は、いつも私たちを驚かせてくれます。しかもその友情がまったく予期せぬ所から生まれたら、さらに興味深いですよね。例えば最初はいがみ合っていた2匹のペットが、一緒に住み続けているうちに友情を育み出す、のような状況はまだ理解しやすいと思います。

でも全く赤の他人である動物が友情を育み出すとなると、別の話です。今日は狼のロメオと犬が紡いだ奇妙で、心温まる友情の物語をご紹介しましょう。

狼のロメオと犬に芽生えた美しい友情

山に愛犬と一緒に暮らしていたジャンス(Jans)さんは、ある日とある客人を迎えました。ジャンスさんと愛犬が玄関のポーチに座っていると、森から狼がやってきたのです。狼はジャンスさん達の姿を見ると、一度止まってじっと彼らを見つめました。

果敢にも犬はすぐに飛び出して、その「侵入者」の匂いを嗅ぎ、彼が何を欲しているのか、ここで何をやっているのかを探りに行きました。ジャンスはとっさに愛犬の命を心配しましたが、その2匹の反応はまったく予想だにしないものでした。

なんと2匹はそのまま一緒にじゃれあい、美しい友情を育み出したのです。その日からというもの、狼はジャンスの家に通い始めました。そして彼があまりにも頻繁に訪れるので、ジャンスさんはついに彼に名前をつけることにしました、「狼のロメオ」と。

野生の狼のような動物が、人や他の動物に懐くというのは随分変わった出来事のように思えますが、でもロメオはそうだったのです。この一件は、ジャンスが住んでいた村「ジュノー(Juneau)」でも一大事件となり、ちょっとした観光地になりました。そして、ロメオに会うためにたくさんの人が訪れるようになったのです。

それだけではありません。村人や観光客は自分の犬を連れて訪れ、一緒にロメオと遊ばせたのです。その様子を捉えた写真はその後インターネットにアップされ、このことについてさらに広く知られることとなりました。また、訪れた人々も最初はロメオの雄大でエレガントな佇まいに後ずさりしましたが、その後ただのじゃれ合いが大好きな可愛い子犬のようだと分かってきたのです。

狼のロメオと一緒に遊ぶ

さらにロメオが一緒に遊んでいたのは犬だけではありません、なんと人間もなのです。ロメオは、人間と一緒に走り回ったり、飛び跳ねたり、撫でられたりするのが大好きな狼で、みんなの心を鷲掴みにしました。結局のところ、狼も飼いならされていない犬と大して変わらないのです。

実は、一度ロメオがジャンスさんの友達のマントを奪い、どこかに隠したことがあったそうです。最初ジャンスさんは恐怖を感じましたが、のちに「そういえば犬も同じことをする」と気が付いたと言います。

ロメオは自然界に生きてきた動物でしたが、なぜか人間の言うことや指示を理解することができました。つまりジャンスさんは狼・犬・人間という3種族が混ざった一風変わったグループに話しかけることが出来たということになります。

雪原に立つ狼

ロメオが最初に現れてから6年が経った今でも、彼は未だ狼への固定観念を覆しています。しかしここでよく考えて見ると、この物語においてロメオに対して偏見を持っていたのは人間だけでした。まずはジャンスさんで、次に村人たちです。

でも今やジャンスさんも、彼の犬も、村人たちや観光客までもが、遊びが大好きな狼のロメオとずっと遊んでいたいと思っています。まさに、動物は時に人生の教訓を与えてくれるということでしょう。犬たちはロメオの外見やどこから来たのかなど気にもかけず、ただロメオの心を見ていたのです。もし人間が少しでもこの犬のようになれたら、少しだけ世界もよくなるのかもしれませんね!

画像出典: es.newsner.com