妊娠中に犬を飼うメリット

· 2018年7月22日

妊娠が発覚し、子供が生まれると分かった際、家で犬を飼っていれば様々な疑問が浮かび上がるかもしれません。犬と赤ちゃんが一緒にいる家庭はどんなふうになるんだろう。本当に仲良くできるのだろうか?しかし、心配しないでください。前からいる犬と新しい赤ちゃんの衝突の可能性を心配しなくても大丈夫です。今回の記事はあなたの心配を取り除き、理解を深めるのに役立ってくれます。そして、実際に妊娠中や出産後に犬を飼う事は家族全員に素晴らしいメリットをもたらしてくれるのです。

では、なぜ妊娠中に犬を飼うのが良いアイディアなのかは今からご紹介したいと思います。そして、勇気を持って犬のいる家に赤ん坊を迎え入れる準備をする9つの理由も見ていきましょう。

妊娠期間中に犬はあなたを優しくサポートします

犬ほど感情に溢れた生き物は間違いなくいないでしょう。オスであってもメスであってもあなたの気持ちを理解し共有し24時間あなたと共に寄り添ってくれるでしょう。

さらに、犬は妊娠中の女性と特別な絆を持ち、本能的に女性がどう感じているか理解し、感情的に辛い時にも気分を良くするために何をしてあげればいいかわかっています。

そして心配しないでください。あなたが気分が良くない時犬はそれを感知することができ、遊んでとせがむことをしないでしょう。なんてかわいい生き物なのでしょうか。

犬はあなたの妊娠をあなたよりも前に知っている

これに関する科学的な根拠はほとんどありませんが、逸話的な証拠によると多くの犬は飼い主よりも先に妊娠をわかっているそうです。

非常に野性的に見えるかもしれませんが、犬は超敏感な感覚によって様々な病気(癌を含む)を検出できることが証明されていることを考えると、それほど不思議なことではありません。

犬はいつ赤ちゃんが生まれるか知っている

陣痛が始まる前に犬が靴と病院の入院用のバックを持ってきて足元に置いたとしても驚かないでください。犬は赤ちゃんがこの世界に生まれてくることを感じることができます。

犬はあなたのそばを片時も離れず、感情的な声を出すかもしれません(あなたも出産時にはそうするかもしれません。)

1人で全てを抱える必要はありません。妊婦はかなりの時間を家の中で1人で過ごします。既に犬を飼っている場合、または妊娠中に犬を飼うことを決めた場合、犬は忠実であなたに寄り添う仲間になります。犬は決してあなたのそばを離れません。そしてこのような重要な人生のステージにおいて犬と一緒に過ごす事は大きな慰めになると感じる人がたくさんいます。

犬はあなたが母親になるための準備をします

妊娠する前に犬を飼う事は、母性を育てる素晴らしい準備となります。実際、女性がペットを子供のように扱ったりまるで母親のように犬に話しかけたりするのはよくあることです。犬は人間の子供と同様、親の注意を必要とし完全に私たちに依存するので、犬を飼う事は親になる良い練習となります。犬を飼うことで新しく赤ん坊が生まれたときの状況を理解するのに役立ちます。

心優しい犬

犬がたとえ体重が50キロもある一見怖そうな犬でも、妊娠していることがわかると、犬はあなたを傷つけることを恐れてあなたのそばで慎重かつ穏やかに過ごすでしょう。

犬が慎重かつ穏やかに動き回っていて、まだ妊娠検査していない場合は婦人科を訪れてみてください。もしかしたらうれしいニュースが聞けるかもしれません。

犬は飼い主の気持ちの変化を理解します

妊婦と散歩する犬

飼い主が笑っていても泣いていても叫んでいても犬はあなたを理解しています。共感してくれる生き物があなたのそばにいる事は繊細なこの時期にあなたの自尊心を向上させます。また、時に妊娠や出産初期のうつを軽減するのに役立ちます。

妊娠中の女性は必然的に様々な気分の変化を経験しますが、それがなぜなのかはまだわかっていません。よって人や犬から愛されることは、怒りや落ち込み気分の変化を軽減させ、妊娠中の精神的、感情的な健康にとって非常に重要になります。

ストレスレベルを下げるのに役立ちます。

初めて妊娠した時はストレスが増えることがあります。無条件の愛情を示す犬がそばにいてくれることであなたはリラックスしてストレスを解消することができます。

そして赤ちゃんが生まれたら

赤ちゃんが生まれるとペットは最高のベビーシッターとなります。おそらくあなたよりも上手かもしれません。赤ちゃんといるときにあなたのボディーラインゲージの変化を感じ取り、知らない人や危険なものが赤ちゃんに近づかないようにします。

このように妊娠している際に犬を飼うメリットはたくさんあります。