人間に育てられたゾウの赤ちゃん

· 2018年5月30日

家が狭いのでペットを飼わない人は多くいます。けれども今回の赤ちゃん象のモヨは家が狭くても、ペットを飼うことは不可能では無いことを私たちに教えてくれます。そんな彼女の話は世界中で今話題になっているのです。

心温まる物語

モヨは瀕死の状態で見つかった赤ちゃん象です。モヨは象の群れと一緒に川を渡っていた際、流されてしまい家族から離れ一人ぼっちになってしまったのです。

幸いなことにWild is Lifeという組織に救助されました。創始者のロキシー・ダンケルツは赤ちゃん象を養子に迎えいれたのです。現在モヨは様々な仕事に参加して母親を助けています。

論理的に考えてモヨが成長するにつれて様々なことが困難になります。赤ちゃんの時は飼い主におとなしく従いますが、時が経つにつれ物事は変化します。モヨの場合は良くも悪くも飼い主に従順でし非常に早く成長し大きくになるにつれ様々なことが困難になり、家で様々な混乱が起きました。物を壊しても家族は我慢しなくてはなりませんでしたが象と飼い主の絆は非常に強くなりました。

モヨは出産時にはすでに体重が220ポンドを超えていました。野生動物が人間と生活を共にする映画はよくありますが、モヨの場合、成長するのに適切なスペースに住まなくてはなりませんでした。モヨと飼い主は様々な違いを超えて深い愛情によって結ばれました。

赤ちゃん象のお世話

象は、食べ物や皮膚の手入れ、1日200リットルもの膨大な水、また暑い時はさらなる水の補給など特別なケアが必要です。

熱に関して言うとアフリカ象の方がアジア象よりも耐性があります。アフリカ象の生息地は気温が暑く、その気候にアフリカ象が慣れているからです。

象の耳、牙、後足、お腹、目の周りの皮膚など毎日のケアが必要です。角質は取り除くのに時間がかかるので手伝ってあげなくてはなりません。お風呂に入った後は風邪をひかないようにできるだけ早く乾かしてあげてください。

母親象と赤ちゃん象

母親象と赤ちゃん象

赤ちゃんの象を育てるにはスキムミルクとココナツオイルを混ぜた大きなボトルをあげるのが1番良いです。最初は3時間ごとに、少し大きくなったら1日3回ミルクと野菜をあげます。ミルクは3年間、ココナツオイルは5年間必要です。

赤ちゃん象のお世話は、色々なことに気を配る必要があります。他との交流、そしてたくさんの愛情を必要とします。レスリングのような体を動かすゲームやたくさんの水、常にコミニケーションをとることが大切です。

赤ちゃん象は夜になると母親を真似した大きなスクラッチ毛布で寝るのが好きです。そして、2歳になるまで他の象と一緒に寝ます。

また、社会化も重要なポイントです。他の象たちとコミニケーションをとります。野生の群れは通常非常に社交的なので、孤児の象を受け入れてくれます。