猫が膝の上で寝たがるワケ

· 2018年8月16日

この行動に時間・季節は関係ありません。そのため冬の夜には温かくなって良いかもしれませんが、夏ではどんなに暑かろうとも猫たちはお構いなく寄り添ってきます。そこで今回は、時に邪魔に感じてしまうこともあるこの行為について、お話したいと思います。

飼い主の上、それは大好きな場所

あなたが座るまたは横になることでくつろごうとしているとき、もしくは眠ろうとしているとき、彼らはこれをチャンスと思い、すぐさま飼い主の体の上に乗ろうとします。もし立ち上がって退かせても、あなたが「隙」を見せればまたすぐにやって来ることでしょう。なぜこんな行動をとるのでしょうか?

1.安心するから

くつろぐ膝上猫

猫は本能的に、自分の母猫にくっついて眠ります。ですが今はあなたの飼い猫であり、あなたが母親であるため、寄り添って寝ようとするのは当然なのです。ペットもしあなたの体の上で寝ようとしていたら、安心していたいという気持ちが表れているのでしょう。あなたといれば、悪いことは起こらないということを知っているからです。

2.居心地が良いだから

どんなに高級で快適なベッドを購入しようと、猫たちにとっては、あなたの体の上より居心地の良い場所などありはしないのです。頭もお腹も肉球も全てを触れさせて、できる限りくつろごうとします。

3.暖かいから

動物たちは普段日向ぼっこをすることで、体を温めます。しかし日が沈んでしまえば不可能ですし、そうなれば何か別の方法で温まろうとします。すると猫たちは、「丁度良さそうな人間がすぐそこに居るじゃないか!」と思って、飼い主の体温を利用し始めるのです。夏であろうと、彼らは眠るためには適度な温度のを必要とします。冬場にあなたとブランケットの間に挟まって寝ようとする理由もこれです。

4.飼い主を守るため

猫と言っても、自分の本能・欲望に従ってのみ生活しているわけではありません。大切な飼い主に万が一のことがないか、常に警戒しているのです。ネコ科の動物たちは人間と、「心」で繋がり合います。そして彼らは起こり得る嫌なこと、悪いことをオーラとして見ることができるとも言われています。私たちが静かに眠っていられるように、迫る危険に対する「攻撃」の準備をいつでも整えているのです。

5.自分の愛を見せるため

あなたの上で眠ろうとするのは、あなたのことが大好きだからです。この行動が、彼らの愛情表現の方法の一つであり、また彼らはのように過剰に感情を表現(飼い主の帰宅時に異様に興奮したりなど)することはありません。

6.落ち着かせるため

カメラ向けんにゃ

家に帰ってソファに腰かけてリラックスしていれば、飼い猫はいつの間にかあなたの膝上に陣取っていることでしょう。あなたが仕事などでストレスを感じていたであろうことを感じ取った猫たちは、彼ら自慢の喉を鳴らし、よりあなたを癒そうとしてくれるのです。

7.過去を覚えているから

猫という動物は自分が産まれたころのこと、そして母親に面倒を見てもらっていたころのことを覚えています。そしてもしかするとあなたの膝上で寝ているときに、前足で可愛らしい動きを行ない始めるかもしれません。実はこれは、母猫に母乳をもらっていたころの本能的反応の名残であり、これを行なうということはつまりあなたを愛しており、あなたのことが最も大切であるということを表しているのです。

8.病気のことを教えるため

既に書いたように、猫たちは「悪い気」を感じ取ることができます。毎日のように決まった体の部分に乗ってくる場合は、何かのサインである可能性があるのです。深刻なものではなくても、病気が見えているのかもしれません。気になる場合は、一度医者に診てもらって損はないでしょう。