なぜ猫は飼い主を舐めるの?

· 2018年8月18日
なぜ猫は飼い主を舐めるのでしょうか?

猫は素晴らしい動物です。猫は単独行動を好みますが、同時にとても愛情深く、飼い主と一緒にいることも好きなのです。猫の「舐める」という愛情表現では、まず猫のベロの感触に驚くことでしょう。今回はなぜ猫は飼い主を舐めるのか見ていきましょう。

猫の言語

子猫を舐める猫

頻繁に猫に舐められると、なぜそうしているのか考えてしまいますね。猫が舐める理由には次のようなものがあります。

1.社会的なつながり

猫は自分だけの毛づくろいをするのではなく、届きにくい箇所もあるため他の猫にも毛づくろいをします。どんなに単独行動が好きであっても、毛づくろいをする際は他の猫(母親、兄弟、友達)などに手伝ってもらう傾向があります。

猫に舐められたからといって、猫はあなたを汚いと思っているわけではありません。反対に、匂いを交換することであなたとの絆を深めているのです。

2.愛情表現

言うまでもなく、猫のコミュニケーションスタイルは人間のそれとは異なります。では、猫の愛情表現にはどのようなものがあるのでしょうか。そう、舐めるのです。猫にとってあなたは家族であり、子猫のときに母親に舐めてもらっていたようにあなたも舐めているのです。舐めることで、猫は愛情を表現していると同時に、「あなたと一緒にいるとリラックスできるよ」と伝えているのです。また、舐めるという行為は「あなたの周りにいると安全に感じる」という表現でもあるのです。

3.不安の軽減

猫が自分を繰り返し舐めていたり(舐めすぎて怪我をするほど)、あなたの手や顔をいつもより頻繁に噛んだり引っかいていたりしたら、猫は大きなストレスや不安を感じているのかもしれません。このような症状が見られ場合は、布、プラスチック、おもちゃなど他の物を舐める、あるいは吸うことで不安を軽減できます。

4.遊び

ペットと遊ぶのは楽しいですね。猫は、仲間を舐めるとまだ兄弟や母親と一緒にいたころを思い出すのです。ですから、遊んでいる途中にあなたを舐めてきたら、そのまま舐めさせてあげましょう。遮ることであなたとの関係を壊してはいけません。猫は楽しんでいることを伝えているのです。遊んでいる時に分泌される物質は猫をリラックスさせ、あなたと一緒にいることが心地よくなるのです。

5.マーキング

猫は縄張り意識が強い動物です。自分がいるところをマーキングすることで、その場所は既に自分の場所だと他の猫に知らせているのです。そして、猫は飼い主のあなたも自分の所有物として見ているため舐めてくるのです。猫の唾液に含まれている粒子は、あなたの放つ匂いにも付着するため、舐められたらあなたも「マーキング済」なのです。

6.匂いの交換

最近指や手を猫にしつこく舐められているのであれば、それは猫の興味を引く物を扱っていたからかもしれません。料理やガーデニングの後、あるいは特定の物に触れた後に舐められることはよくあることです。

 

舐められたらどう反応したらいい?

猫のベロ

遊ぶのが好きな猫を飼っているのであれば、最初に舐めた後に噛んでくるでしょう。これは、変な撫で方をしたからと怒っているのではありません。猫にとって舐めてから噛むという行為は遊びの一部なのです。決して嫌がらそうとしてやっているのではありません。噛むといっても、痛みを感じる強さではなく、遊んでいる時の優しいものです。

遊んでいる噛み方ではなく痛みを感じる強さで噛んできた場合は、噛まないように教える必要があります。毛を逆立て強く噛んできたら注意しましょう。猫が嫌なことをしてしまったか、攻撃的になっているサインです。

母親と最近引き離されてしまった子猫の場合は、特にゆったりと構えましょう。あなたを「守ってくれる人」と認めたらいつも舐めてくるようになります。他の家庭に子猫を引き取られてしまった母親猫にも同じことが言えます。

なによりも、猫に舐められたら最高の愛情表現だと理解しましょう。猫とあなたの絆は深く、猫はあなたのことが大好きなのです。