なぜ動物が苦手な人もいるのだろうか?

· 2018年6月9日

もしあなたは動物が大好きだとしても、動物が苦手な人を見下したりするべきではありませんし、動物嫌いな人も「動物が好きか嫌いか」で人を判断するべきではありません。しかしもちろん、動物虐待など、生き物に対する暴力はどんな理由があろうと正当化されてはいけません

さて、この好き嫌いの問題に関してはあらゆる意見が飛び交っています。動物が大好きで、人間に接するように接している人たちもいる一方で、動物が苦手な人もいます。一体何故でしょうか?

動物に対して抱く感情についてはインターネット上で広く議論されています。例えば、犬や猫、馬や他の動物に対して深い愛情を抱いている人たちがいる一方で、彼らの接し方は「やりすぎだ」と言う人もいるのです。

他にも極端な例ですが、動物への敬意から動物由来のものを一切口にしない「ビーガン」と呼ばれる人たちも議論の的になっています。これらに間違った意見などありません。でも、確かに興味深いトピックだと思いませんか?

動物が好きではない人

社会が多様性を讃えるべきだとすると、動物と人間の関係性も多種多様であるべきだと思います。ですので、意見を交わすのは良い事だと思いますが、でも自分と違う意見の人を侮辱したりすべきではないと思います。

他にも考慮しておくべき点として、

  • 動物が好きではないからといって、その人が「冷たい」とか「無情」という訳ではありません。もしかしたら人間関係においてはとても温かくて、愛情に溢れている人かもしれませんしね。
  • 一方で、人間社会との関わりを断ち、もしくは孤立してしまい、代わりに動物たちに全ての愛情を注ぎ込む人たちもいます。
ワニに噛まれてる風の写真を取っている人
出典: masviral.net

世界は広く、さまさまな意見があります。だからこそ、違う意見に対する敬意や受容、そして寛大さが必要となるのです。

なぜ動物が苦手な人がいるのか?

少し興味深い話をしましょう。まず、「動物」という概念は人によって様々です。だからまずは、その異なりを理解しておくべきでしょう。

  • 例えば、犬が大好きな一方で猫が嫌いな人もいますし、その逆も然りです。これはつまり、動物もそれぞれ異なる性質を持っているので、時にそれぞれの動物に対して異なる意見を持つ人もいる、というワケです。例えば、一般的に犬は保護精神が強く、懐きやすいと言われる一方で、猫は独立心が強めで、個人主義な傾向にありますよね。
  • 中には、爬虫類を飼うのは好きだけど、犬や猫、鳥といった一般的なペットを飼うのには興味がない人もいます。こういう意見もまた、敬意を持って扱われねばなりません。
  • 中には、水槽で魚を飼うのは好きだけど、他の動物は嫌いな人もいます。まあ魚は静かですし、何かの邪魔をしたり、家の中を徘徊したりもしません。また犬などの一般的なペットと違って、外に連れていく必要もなければ、暴れまわったり、家のものを壊されたり、騒音の元になる心配もありません。
  • 中には、動物が好きと言いながら彼らをモノのように扱う人たちもいます。無理やり従わせたり、おしゃれな髪型にしたり、服やアクセサリーをつけたり…このような扱いを愛と呼べるのかどうかも、議論の的となります。
  • 中には、鎖で繋ぎっぱなしにしたり、檻に閉じ込めておく事が「ペットのお世話」となっている人たちもいます。彼らも動物が好きだと言いますが、動物のケアにかけられる時間や気持ちが少ないのです。そういう人たちは、旅行や仕事が忙しくて、結果としてペットを後回しにしている傾向にあります。
  • 心理学も「何故動物が苦手な人がいるか」という問題に立ち向かいました。そして幼少期のトラウマや、未だ癒えない過去などが関係している場合があると、分かったのです
服を身につけた犬

ペットと野生動物

他にも、自分の家でペットを飼うのは嫌だけど、自然の中で生きている動物たちは好き、という人もたくさんいます。そして時にこのような意見は、飼育する事によって動物は苦痛を受けているという考えに基づいています。

また、動物好きな人たちの中にも、ペットに服を着せたりして「ぬいぐるみ」みたいになっているのは見るに耐えない、という人もいます。これは人によっては動物そのものへの拒絶に映るからでしょう。でも現実には、「拒絶」とは反対に、自然が作り出したありのままの動物を愛し、その「愛」が高じてそういう事をする人たちも居ます。