実は詳しく知られていない?スペインの闘牛について

· 2018年12月26日
スペインと言えば牛、そして闘牛です。

迫力と美しさを兼ね備えた闘牛は、見る人を魅了する動物です。スペインと言えば牛、そして闘牛でしょう。この記事では、そんな素晴らしい 闘牛 について詳しく見ていきます。

スペインの闘牛とは

起源と歴史

すべてのウシと同様、闘牛の牛はアフリカ、ヨーロッパ、そしてアジアに生息していたオーロックスに由来します。子孫であるボース・タウルスは、先祖より環境の変化に適応できたために生き延びましたが、オーロックス自体は残念ながら絶滅してしまいました

スペインの闘牛は、他のウシと同じようにオーロックスを先祖に持つことが確認されていますが、ボース・タウルスの方がオーロックスよりも強く、健康でした。生息している間は駄獣や運搬などの目的に飼いならされたり、フラミンゴの歌で使われたりしました。しかし、オーロックスもボース・タウルスもしばらくの間は共存していたと言います。

スペインの闘牛に関しては、特に短角のボース・タウルスというボース・タウルスより小さく勇敢で、ヨーロッパとアフリカに暮らしていたとされる牛を起源に持つと信じられています。このことで、スペインの闘牛が、スペインとポルトガルに住むケルト人によって導入されたボースの血を持つ種に起源に持つという理論の信憑性はなくなりました。上記のボース種は肉や駄獣としての利用がなされただけでした。

カトリック両王の支配中、スペインのバリャドリッド近辺に初めて牛がやってきました。そして、そこから全国に広まったとされています。

アンダルシアはすぐに闘牛の繁殖で主導権を握り、間もなく闘牛という娯楽が始まりました。

闘牛 スペイン

こちらもご覧ください:スペインのTVで最も有名な犬「パンチョ」が16歳で死亡

 

闘牛 :品種

闘牛にも、異なる特徴をもつ品種がありました。

  • ナバラ(Navarra):小型の牛で、見た目はあまり良くありませんでしたが、勇敢な性格のため繁殖されました。
  • ヒホナ(Jijona):その赤い毛皮で有名でした。今日でも、この色の毛皮の牛はヒホナ牛として知られています。
  • アンダルス(Andalus):最も純粋なスペインの闘牛は、間違いなくこの品種を起源にもちます。
  • カスティーリャン(Castillan):この品種を先祖に持つ牛は、最も大きく、飼いならすのに最も難しいとされています。
  • バスケーニャ(Vazqueña):ドン・グレゴリオ・バスケスは、アンダルスとカスティーリャン品種から最高の牛を選びバスケーニャを作り出しました。後にフェルナンド7世が引き継ぎ、ついにはバスケーニャの品種を有名にしたベラグア公に引き継がれました。

スペインの闘牛の美しい外見と特徴

その美しい見た目は、その牛を定義する特徴のコンビネーションです。

  • 体重:300~500kgでなければいけません
  • 体高:約160~190cm
  • 、肌
  • 、頭、首

このような特徴は、純血のスペイン闘牛の基準に基づいている必要があります。

ご存知でしたか?:スペインでは断尾が違法になりました

 

スペインの闘牛の性格

他のウシと同様、スペインの闘牛も群れを作る動物です。生まれたときは、母牛に8~9ヶ月間寄り添います。群れには必ずリーダー牛がいて、このリーダーは他の牛との闘いで決まります。時に、群れの中の雄牛はリーダーの座を奪うため、リーダーに血を流すような戦いに挑みます。

牛は性成熟が早いため、1歳半になる頃までにはオスとメスは分けられます。しかし、オスとメスを離したところで性欲は抑えられないため、お互いにマウンティングすることで落ち着きを取り戻します。

スペインの闘牛はスペインを象徴する独特な動物です。この記事で興味がわきましたか?

 

https://myanimals.com/the-story-of-the-spanish-fighting-bull/