犬はどんな夢を見ているの?

· 2018年8月3日
ソファーでスヤスヤ眠っているワンちゃんが、いきなり吠え出したりするのを目撃したことはありますか?おそらくそんな光景を何回か経験したこともあるでしょう。そしてあなたは、愛犬は今どんな夢を見ているんだろう、とか起こしてあげるべきだろうかと迷ったことはありませんか?犬は夢を本当に見るのか、そのトピックについてもっとよく知りたいなら、今回の記事を一緒に見ていきましょう。

この件に関しては色々な議論が為されていますが、科学的には、犬は日常生活の事についての夢を見ていると言われています。それって一体どんな事なのかですって?例を挙げると、大好きな食べ物を食べている夢とか、動物を追っかけている夢、もしくはお気に入りのおもちゃを見つけた時の夢とかです。
また犬は悪夢にもうなされるのか、というのも議論の的になっています。中には犬が睡眠中に吠えていたら夢にうなされているサインであると言う人もいれば、中にはそれに同意しない人たちもいます。つまり、まだ答えが出てないのです。

なんで犬は睡眠中に動くの?

睡眠は大きく2つの種類に分けられます。徐波睡眠とレム睡眠です。レム睡眠はとても深い睡眠で、現実味を帯びた夢を見ているときはこの状態にあると考えられています。

ベッドで寝る犬

さらに人と同じように、犬にも夢を頻繁に見る犬とそうでない犬がいます。でもレム睡眠の深さは犬のサイズなどに関わらずみんな同じですので、小型犬の方が大型犬よりも現実味を帯びた夢を見る頻度が高いと思われます。

なぜかと言うと、小型犬の方がレム睡眠に入るまでの時間が早いと言われており、小型犬ならおよそ10分、中型犬なら20分、そして大型犬なら30分ぐらいの時間がかかるのです。また、時にワンちゃんは睡眠中に動いたりしますが、それは四肢や腸、顔面の痙攣、もしくは吠えようとしていると考えられます。

夢を見ている犬は起こすべき?

夢見ている時に起こされたら、あなたならどう思いますか?多分最初は混乱したり、当惑したり、放心状態になったりするでしょう。いい夢を見ている最中に起こされた時には、怒るかもしれませんよね。
人間が舌を使って数時間かけて表現する感情を、犬は尻尾を使って数分で表現できる。
– カレン・デイヴィソン (Karen Davison)-
愛犬を起こした時にも、彼らは同じような感情を抱きます。ショックを受けたり、一瞬自分がどこにいるのか分からなくなって、あなたに噛み付こうとしたりするかもしれません。というよりも、そもそもワンちゃんは寝て休息を取ろうとしているワケですので、邪魔する理由がどこにあるでしょう?所詮はただの夢で、別に愛犬に何か異常があるわけでも無いのです。と言う事で、寝たいだけ寝させてあげたらいかがでしょうか。

犬はどんな夢を見ているの?いつも夢を見るの?

これの答えはNOです。というのも、レム睡眠に入るにはある程度の時間が必要だからです。さらにワンちゃんにとって30分間も何にも気を取られずに眠れる環境というのは、そうそうありません。彼らの敏感な耳と鼻が自分の周りで起こる事を逐一報告してくるのです。
寝ている犬
これは彼らの祖先であるオオカミからの受け継いできたものです。というのも、弱肉強食の世界で生きてきたオオカミは目を開けながら寝ているほどなのです。つまり自分の命を守る為には、いつでも覚醒できるようにしておく必要があったのです。
なのでワンちゃんが寝ながらにして周辺環境に敏感なのは本能によるもので、それは永遠に残り続けるのでしょう。見たところワンちゃんはおよそ5分から20分ぐらい寝て、また5分間ぐらいだけ起きて、そしてまた寝る、を繰り返しています。家にいれば命の危険は無いはずですが、防衛本能によってこういう睡眠サイクルを行なっているのです。
という事で、犬も夢は見ます。しかも時には悪夢を見ているかもしれません。そして夢も休息の一部ですので、寝ている愛犬は起こさないようにしましょう。人間だって夢を見るときは、決まって睡眠して休息を取っている時ですし、これはワンちゃんも同じです。ワンちゃんなりの睡眠スケジュールがありますので、邪魔をしないようにしましょう。