犬がしたい唯一のことは飼い主に心を捧げること

· 2018年6月27日

飼い主と出会ったその瞬間から、犬の目的はただ1つ、飼い主に心を捧げることです。出会ったその瞬間から、犬は飼い主を愛し続けます。

犬は飼い主幸せにしたり笑わせたり、必要な時には慰めたいと思っています。犬の人生にとって飼い主は最も重要なものになったのです。

犬は、飼い主が悲しい時もわかっていて、どうすれば励ますことができるのか理解しています。また幸せな時には、どのタイミングで近くにいけばいいのかもわかっています。犬はこれらのことを観察しながら時間をかけて全て学びます。気づいていないうちに犬はしっかりと観察し、学んでいるのです。

犬は飼い主に心を捧げたいと思っています。

犬は1日中飼い主のことを考えて過ごし、少しでもより幸せに、人生を明るく過ごす方法を模索しています。

犬は待ち続けます。

飼い主を待ち続けるラブラドール

映画『ペット』を見たことがあるでしょうか。主人公の犬は1日中親友である飼い主をドアの前で待ち続けて過ごします。

あなたの犬も同じことをするでしょう。飼い主がいない時間は永遠のように思えて、ドアが開いて主人が帰ってくるのを心から待ち望んでいます。

ゴミ箱を漁ったり、おもちゃを壊したり、靴で遊んだり、ただ待っているよりも楽しい事はたくさんあります。けれども、犬はそれらの行為をすると、飼い主が喜ばないことを知っているので、帰ってくるまで1日中おとなしく待って過ごしているのです。それは犬の愛の証なのです。

犬は必要なものを持ってきます。

もし犬が既に基本的なコマンドに従えられるのならば、靴や新聞紙をどうやって運んでくるかわかっているでしょう。もしかしたらお願いする必要もないかもしれません。なぜなら犬は飼い主が必要なものが全てわかっているからです。

はその一生をかけて飼い主のことを観察し飼い主について学び、幸せにするために一体何ができるのだろうと常に考え続けています。

犬はリーシュを引っ張りません。

犬は飼い主が仕事から家に帰ってきた時、どれだけ犠牲を払ってどんなに疲れているのかわかっています。犬はまた主人が稼いだものを犬と共有しているのも知っています。なぜなら犬が必要なものを全て提供してくれるのは飼い主だからです。

犬は散歩に連れて行く事は犬にとっては嬉しいですが、飼い主にとっては疲れることだと思っているため、その散歩を楽しいものにするためにできる限りのことをします。例えば本当は狂ったように走りまわりたいにもかかわらず、あなたの隣でおとなしく歩いてくれるでしょう。

犬は邪魔をしません。

犬が好きな事はとてもたくさんありますが、その中のいくつかは人間にとって面倒だったり迷惑をかけるものであることを自覚しています。例えば、散歩に行くまで待たずにゴミ箱におしっこひっかけたり家のあちこちに縄張りを示すためにおしっこをかけるのが好きです。また遠吠えしたり吠えるのも好きですし、人間のベッドで寝るのもおそらく好きでしょう。

しかし決してそれの行為をしません。なぜなら人間が困ることを知っているからです。犬はただ飼い主に幸せになってほしいのです。心を捧げたいのです。そして飼い主にも多くの愛情を与えてほしいと願っています。

犬が心を捧げてくれることに感謝をしてください。

そしてあなたも大事な犬に心を捧げてください。「心を捧げる」にはどうすればよいでしょうか。難しく考えず、ただ犬が愛され、必要とされ尊敬されていると感じるだけで十分です。それはまさに犬が日頃してくれている事ではないでしょうか。最高のプレゼントはお金では買えないと言われています。大事な犬にあなたは一体どんな価値をつけるのでしょうか。