ギリシャ神話に基づく狩猟犬にぴったりの名前

· 2019年4月2日
狩猟犬の名前は叫ぶことが多いので発音しやすいものが良いでしょう。また同様に、ワンちゃんが他の命令と混同しないような音にすることも大切です。ということで、今回はギリシャ神話に基づいて、そんな狩猟犬のワンちゃんにぴったりな名前を厳選しました。

狩猟犬の名前

ペットに名前をつけるのは、なかなか難しいものです。特にそれが狩猟犬の場合は、実務的なことも考えないといけないのでさらにハードルは上がります。この記事では、狩猟犬の名前にふさわしいと思われるアイデアをいくつかご紹介しますので、ぜひご覧ください。

「とは言ってもただ名前をつけるだけでしょ?」と思われる方もいるかもしれません。しかし、まず狩猟犬の名前はハキハキと発音できるものでなければなりません。広大な場所であっても、愛犬の名前を呼んだらこちらに戻ってくるようにしないといけないからです。

それに加えて、他の命令で使われる言葉と似ている名前も避けなければなりません。名前を呼ぶたびに、その命令と混同してしまいかねません。

このように狩猟犬の名前には、色々実務的な制約があるのですが、今日はギリシャ神話を元に、いくつかアイデアをご紹介します。これらの神話は、犬、特に狩猟犬が主役となる物語を元にしており、非常に興味深く描かれています。狩猟犬を飼っていない方もぜひご覧ください。

アルゴス、オデュッセウスの犬

アルゴス(Argos)はオデュッセウスというイサカの王様に飼われていた狩猟犬です。トロヤン戦争を戦った後、オデュッセウスは追っ手を避けるため変装をして祖国に帰ってきました。変装は完璧で、誰もオデュッセウスだと気づく人はいませんでした、アルゴスを除いて。アルゴスは王様の帰りを20年も待ち続け、そして再開を果たしたのです。しかし、王様は変装がバレないよう、アルゴスの事を無視しなければなりませんでした。

オデュッセウスは、それに耐えきれず涙を流しながら帰ったといいます。かわいそうなアルゴスは、オデュッセウスとの再開を果たした後、彼の足元で死んでしまいました。アルゴスは20年もの間オデュッセウスの家を守るという使命を全うしたのです。という事で、アルゴスって名前は完璧ですよね?

野を駆ける犬 ギリシャ神話  狩猟犬   名前

ギリシャ神話の英雄や神にまつわる名前

ギリシャ人が狩猟犬につける名前で一段とポピュラーなのが「ラエラプス (Laelaps)」です。ラエラプスは狙った獲物は絶対に逃さない犬として神話に登場します。ラエラプスは元々、ゼウスが愛人である「エウロパ (Europa)」にあげた犬で、その後色々な人の元を転々としてました。

そんな中、ラエラプスは「テウーメックスの狐」を狩るというミッションを授かります。この狐は、絶対に狩ることができないで有名な狐でした。ラエラプスと狐の追いかけっこは止まる所を知らず (「何でも突き破る矛と何でも貫通できない盾」の話と似ていますね)、最終的にゼウスはラエラプスと狐の両方を石に変えてしまいました。

他にも、メスの狩猟犬には「マエラ(Maera)」という名前が人気です。マエラはイカロスの娘であるエリゴネに飼われていた犬で、父であるイカロスの墓を見つけるのを手伝いました。エリゴネとマエラの間にはとても強い絆があり、墓を見つけた後一緒に自殺したのです。

ギリシャ神話には他にもたくさんの犬が出てきます。ケルベロスの弟に当たる、オルトロスという二つの頭を持った犬も有名ですね。オルトロスはゲリュオンが所有する牛を守る役目を担っていましたが、ヘラクレスに殺されてしまいました。

シリウスもギリシャ神話では有名な犬としてあげられるでしょう。シリウスはオリオンという今や星座の名前にもなっている人に使えていたことで知られており、「シリウス」も狩猟犬には中々良い名前となるでしょう。

また犬ではないのですが、「アルテミス」という狩猟の女神も神話に登場します。彼女は、狩猟犬の群れを連れて狩りに出かけていたのです。狩猟の女神をリスペクトする意味でも、アルテミスは狩猟犬につけるのに良い名前ではないでしょうか。

鳥を狩った犬 ギリシャ神話  狩猟犬   名前

地獄から来た番犬

先ほども少し述べましたが、「ケルベロス」もギリシャ神話で有名な犬として挙げられます。彼は下界の神である「ハデス」に飼われていた3つの頭を持つ犬で、地獄の門の番犬をしていました。彼はハデスに強い忠誠を誓い、一度死んだ人間が浮世に戻らないようしっかり見張っていたのです。そんなケルベロスの忠誠心にちなんで、狩猟犬にこの名前をつけるというのも一つのアイデアではないでしょうか。

ちなみに、興味深いことに北欧神話でもケルベロスととても似た犬が登場します。北欧神話では、ガルムという番犬が地獄を守る「ヘル(Hel)」という神に使えていたとされています。ガルムは、ラグナロクの最中、ティールと必死に戦ったそうです。

これらのお話が、あなたにとってのインスピレーションになれば幸いです。とはいえ、もちろん他の名前をつけてあげても良いんですよ!ペットに名前をつけるという行為はとても大切です。これは後々、あなたとペットとの間で強い絆を育むことになるのですから。