アマゾンピンクカワイルカとは?魅力的なピンクのイルカ

· 2019年3月29日
水質に応じてイルカの色はわずかに異なります。この種のイルカは海に住んでいるイルカのように友好的ではありません。なじみのないものや人間を恐れる傾向があります。

アマゾンピンクカワイルカは、多くの神話や伝説に登場している美しく魅力的な生き物です。 クジラ目の中でも川に住む珍しい種類で、特にその色が特徴的です。今回はこのかわいい動物についてご紹介します。

 

アマゾンピンクイルカの特徴

“Boto”や”Buford”として知られるアマゾンピンクカワイルカは、体長8フィート400ポンド(オス)の鯨類です。メスとオスの身体的特徴には大きな違いがあります。メスはオスのわずか半分の長さでオスに比べて軽いです。

アマゾンピンクカワイルカの最も顕著な特徴は肌のピンク色です。色調は様々です。生まれた時や子供の頃は灰色ですが、成長するにつれて色が変わります。オスはメスよりもピンクです。ただし、水の透明度や気温、イルカが住んでいる場所によっても異なります。

アマゾンピンクカワイルカは、獲物を探す時に役立つ鋭い歯と長い口を持っています。呼吸するために時々水面に現れます。また、噴気孔を使って6フィートもの水を噴き出すことができます。

こちらもご参考に:
救出された可愛いシロイルカの赤ちゃんについて知ろう

ピンクイルカ アマゾンピンクカワイルカ

生息地と食生活

ブラジルのタパジョース川、 マデイラ川、 シングー 川などの淡水に生息しています。また、オリノコ川でも頻繁に確認されています。

ピンクイルカは小川や川を好みます。雨季には、水があふれた森林や、平野へ住処を変えることもあります。

水位が高くなると、オスは主要な川で活動しますが、メスや子供たちは休息したり、授乳したり、食べ物を見つけるのが容易な浸水地帯に留まります。

食事はピラニアからシーバスまで多種多様な魚を食べます。短い歯や長い口が邪魔するので、亀やロブスターを捕まえるのは難しいようですが、魚群が近くにやってくる早朝と午後に狩りをおこないます。

顔を出したピンクイルカ アマゾンピンクカワイルカ

生殖と習慣

アマゾンピンクカワイルカは非常に孤独な動物です。たとえ群れを成したとしても、4匹以上のイルカを受け入れる事はありません。しかし、母親イルカは子供と一緒に行動することが多いです。雨季に住む場所を移動する際、トラブルがないように生活を共にします。

アマゾンピンクカワイルカは、海に住む私たちがよく知っているイルカに比べて、社交的ではありません。遊び心がなく、人間のようななじみのないものを非常に恐れています。ゆっくり泳ぎ、訓練するのは難しく、囚われると高い確率で死んでしまいます。

メスは6歳になると性的に成熟し、オスの場合はさらに数年かかります。交配期間は乾季の時期で、11カ月間妊娠を経て出産します。母親として赤ん坊と1年間過ごし、出産2年目になると、また子供を産めるようになります。

ご存知でしたか?:
動物界の長寿:一番長生きする動物は?

アマゾンピンクカワイルカの伝説

アマゾンの多くの文化には、ピンクイルカにまつわるたくさんの伝説が存在します。溺死した人間の魂がその中に閉じ込められていると言う伝説もあります。

満月の夜に、イルカが人間の男性に化けて、子供を産ませるために女性を誘惑するという言い伝えもあります。その言い伝えを信じている人は、若い女性に、白い服を着た男性を見たら気を付けろと注意するそうです。白い服を着た男性はイルカを連想させるからだそうです。