愛犬と飼い主の深い絆

· 2018年11月27日
犬が飼い主を見つめ、飼い主がそれに応じると、安らぎや信頼感をもたらすホルモンが増えます。

犬とその飼い主の間に結ばれた絆はとても特別です。ペットを飼うことによる身体的および心理的メリットは非常に大きいと考えられています。また、犬の飼い主に対する忠実な愛情や、犬と飼い主の深いつながりを証明する感動的なストーリーは世界中に存在します。

犬と人間の相互の愛情は、心臓にまで影響を及ぼすことがわかってきています。犬は、飼い主のストレスや不安のレベルを軽減するのに役立ち、犬を飼っている人が心臓病に苦しむ可能性は、そうでない人に比べて低いとの研究結果も出ています。

飼い主と犬の相互のつながり

撫でられる犬
私たち人間が悲しんでいたり病気の時に、犬はそれを察知することができると言われています。さらに、犬は私たちが自分を安定させ改善する手助けにもなってくれます。ペットにを与えて世話をする責任を負うと、人間は自分の食生活にも興味を持ち健康管理にも気をつけるようになるそうです。

また、1人で暮らす多くの人がペットとの生活に非常に満足していることが統計によって明らかになりました。特に犬は、人間を理解し、感情を通わせることができ、飼い主と強いつながりを持つのが一般的です。

ご存知でしたか?:
愛犬に愛情を伝える5つの方法

犬と飼い主:両者の深い絆

犬と人間の絆は信頼から成り立っています。人間同士の信頼は時に簡単に失われる可能性がある一方、犬のそれは、簡単には揺らぎません。

犬と飼い主の絆は、物理的および精神的なものです。物理的側面では、飼い主は犬に様々なものを提供しています。例えば食事や、飲み物を与えたり、暖かい場所を提供するなどが挙げられます。

感情面の絆はもう少し複雑です。これは遊びを通して築くことができます。ゲームをしながら、犬をしつけたり、新しいことを学ばせることができます。

犬を撫でて絆を強化

犬とのつながりを強化するには、可能な限り触ったり撫でたり可愛がってあげることです。パソコンを使っている時やテレビを見ているときになでると、犬はあなたの気が散ってていることに気づくでしょう。撫でる時には、気をそらさず、犬との時間を大切にしてください。

もう一つの注意点は、犬の名前を読んでから、撫ててやることです。撫でながら名前を呼ぶことで、絆がより深まるでしょう。

犬と人間のつながり

麻布大学獣医学研究科による研究で、犬と飼い主の間にも、本物の親と子供の間で形成されたものと同様、強いオキシトシンが生成されていることが実証されました。犬が飼い主を見つめ、飼い主がそれに応じると、安らぎや信頼感などをもたらすホルモンが互いの体内で増えたのです。

こちらもご参考に:
私が愛犬を愛す10の理由

犬にとって大事なこと

犬にとって大事なこと 深い絆

社会的な動物である犬にとって、飼い主との関係は人生で1番大事な問題です。犬が家にやってきたその瞬間から両者の絆は結ばれるのです。

先に述べたように、犬と飼い主にも人間の母子のような絆があり、お互いを見つめることで活性化されるオキシトシンによって、それは深まっていきます。視覚的接触が、感情的つながりを強化するのです。

オキシトシンは、脳内の神経伝達物質としても機能しています。社会的絆の認知と定着において重要な役割を担うと同時に、信頼関係の形成にも非常に大事な機能を果たしています。