ウォータードッグの毛のグルーミングの仕方

· 2019年1月20日
ウォータードッグをグルーミングする前に、まず必要な道具を集めることが大切です。古い、適当なブラシを使ったりするのではなく、ちゃんとペットショップの店員さんなどにウォータードッグのための一番柔らかくて良いブラシを紹介してもらうのがベストでしょう。

名前の通り、このワンちゃんたちは水が大好きです。けれど、毛が絡まらないよう正しい方法でグルーミングをしないといけません。

 

ウォータードッグは、少しお手入れしにくい、厚い毛に覆われています。もしウォータードッグを飼っていたり、引き取ろうと思っているのであれば、どうやってグルーミングしていいかわからないかもしれません。なので、ぜひこの記事を読んでウォータードッグのグルーミング方法を学んで下さい!

ウォータードッグのグルーミングと衛生管理

ウォータードッグをお風呂に入れる際は、お手入れが難しい毛を持つ犬のための特別なシャンプーと、良いコンディショナーを使うべきです。さらに、ウォータードッグの特別な毛は、最初に海に入るともっときれいになると言われています。海に入れた数日後に、海の塩を取るためによく体を洗い流してあげて、彼らのための普通のシャンプーで洗ってあげましょう。

草の中にいるウォータードッグ

また、ウォータードッグのグルーミング方法はその毛のカット法によっても異なります。以下ではウォータードッグのための3つのカットスタイルをご紹介します。

  • ユニフォームカット。このカットでは、体の毛がすべて同じ長さで揃えられます。こうすることによって毛が絡まりにくくなり、愛犬の毛が汚くなったり臭くなったりするのを防ぎます。ウォータードッグの毛は寒さと暑さから体を守ってくれているので、1.5センチ以上は切らなくて良いでしょう。
  • ワーキングカット。このカットでは、汚れや枝、葉っぱなどが溜まりやすい部分だけを切るので、寄生虫などの予防にぴったりです。体の他の部分の毛は、犬を寒さや暑さから守るためにそのままの長さに保たれます。
  • ロングカット。このカットでは、汚れが溜まって炎症を起こしてしまう可能性がある肛門、お腹、男性器まわりの、毛が多い部分だけをカットします。

ウォータードッグをグルーミングする時のためのアドバイス

ウォータードッグをグルーミングする前に、まず必要な道具を集めることが大切です。古い、適当なブラシを使ったりするのではなく、ちゃんとペットショップの店員さんなどにウォータードッグのための一番柔らかくて良いブラシを紹介してもらうのがベストでしょう。

毛が絡まらないようにするには、アゴや足、お腹のまわりなどの、一番絡まりやすい場所だけに集中してブラッシングすると良いでしょう。なぜかというと、ウォータードッグの毛をすべてブラッシングしようとすると、もともと束になっていた毛が分かれてしまい、もっと絡まってしまう可能性があります。

ですから、愛犬の毛が絡まらないようにするには、ノミやダニがいないかも確認しなければいけません。もし犬が体を搔きすぎると、毛束が分かれてしまい、毛が絡まってしまいます。この毛束は、毛が伸びる時に自然にできます。

泳いでいる ウォータードッグ グルーミング

絡まった毛をほぐす時は、忍耐強く根元から毛先にかけてほどいていきましょう。保湿クリームなどを使って、ほどきやすくしてもいいかもしれません。もしそれでもほどけないようであれば、そこの部分を切っても良いです。

もしウォータードッグの毛が伸びすぎてしまったり、あまりお手入れされていないようであれば、この絡まった毛がもっと絡まってしまい、毛を切る以外に為す術がなくなってしまいます。

他にもグルーミングについて知っておきたいこと

ウォータードッグに関する迷信はたくさんあります。いくつか知らなかったことを学ぶために、読み進めてみて下さい。

  • 愛犬をドレッドヘアにしなくても大丈夫。多くの人はウォータードッグをグルーミングした後、ドレッドヘアにするのが良いと思っていますが、それは違います。自然にドレッドヘアになってくるので、ブラシでそれを取り除こうとするともっと毛が絡まってしまいます。
  • 毛は剃らなくても大丈夫。1年に一回、愛犬の毛を剃る人がいます。これは好みの問題ですが、この犬種の毛は犬を暑さや寒さから守ってくれるので特に剃らなくても良いのです。
  • 毛がドレッドヘアになっていなければ、ブラッシングをしても良いでしょう。
  • もちろんお風呂に入れても大丈夫です!定期的にウォータードッグはお風呂に入れてあげるべきですが、正しい、ウォータードッグに合った製品を使いましょう。
  • 冷たいお風呂には入れないで下さい。ウォータードッグの毛はウールのように見えるかもしれませんが、温かいお風呂に入れてあげて大丈夫です。乾いても、毛が縮んだりすることはないので安心してください。

今回のアドバイスで、ウォータードッグのグルーミングがより簡単になったのであれば幸いです!