大切なペットの健康を守るコツ

· 2019年1月7日
ペットの健康を守るためには、毎日同じルーティーンを行うことが大切です。決まった時間に散歩に連れ出したり、外で運動させてあげましょう。

飼い主であるあなたの心身の健康のためにも、大切なペットの心身の健康は大切です。ペットを飼っている人はそうでない人と比べてより活動的で幸せを感じやすいと言われています。それは、大切なペットとの絆があるからです。

子供や家族の他のメンバーと同じく、ペットにも基本的なお世話と注目が必要です。基本的なお世話と愛情があれば、ペットの生活の質はより良いものとなるでしょう。それだけでなく、ペットが必要とすることの多くは飼い主にとっても良いことでしょう!飼い主もより活動的になりますし、ヘルシーなライフスタイルを送ることができるでしょう。孤独を感じることも少なくなるはずです。

ペットの健康を守るコツ10

定期的な検診

獣医による定期検診を忘れずに行くというのは大切なことです。ペットの心身の健康状態をチェックしてくれるでしょう。また、必要に応じてワクチン接種やブースターも投与してくれます。

駆虫やその他の抗寄生虫治療もまたペットの健康には重要です。ペットが寄生虫に感染すると、人間にも伝染する場合があるからです。

二匹の猫

バランスの良い食事

ペットに餌を与えすぎない、というのは本当に大切なことです。特に、肥満は糖尿病や心臓の疾患を始めとする多くの健康問題を引き起こすからです。一般的に、ペットは1日2食で良いでしょう。ですが、1日分の量を3食に分け、少しずつ与えても構いません。

ペットに与えている餌について、また量や頻度について疑問に思うことがあれば専門家に聞いてみることをお勧めします。

体を使う運動

動物には運動が必要です。エクササイズは筋肉を鍛えるだけでなく、気分を上げストレスを解消してくれるのです。どんな動物をペットとして飼っているかによりますが、動物によっては外での活動をより必要とするものもいます。例えば、外で時間を過ごすことを必要とする犬種は多いようです。

その他のペットに関しては、家の中でのエクササイズも可能です。例えば、猫は家の中で運動できます。ハムスターもまた、ケージの中で運動することができるでしょう。大切なことは、どんな動物を飼っているにせよ、ペットは1日に何度も活動的に過ごすことができるということです。

日々のルーティーン

ペットの健康を守るためには、毎日同じルーティーンを行うことが大切です。特に元気いっぱいの若い犬を家に閉じ込めると、家の中をめちゃくちゃにしてしまうかもしれません。決まった時間に散歩に連れ出したり、外で運動させてあげましょう。決まった時間に餌をやるのもまた良い習慣です。

良いしつけ

猫や犬など、動物によってはしつけを必要とするものもいます。家をめちゃくちゃにしないため、というだけではありません。ペットもまた、他の動物が周りにいる時にどのように行動すればいいのかを知る必要があるのです。よくしつけされた犬なら、散歩に行くのも問題はないでしょう。つまり、飼い主の呼びかけに反応すること、子供が周りにいる時にはどのように振る舞うべきかを知ることができるのです。

こちらもお読みください『あなたは大丈夫?犬のしつけの間違い6選

衛生状態

毎日ペットをお風呂に入れる必要はありません。ですが、清潔に保ってあげましょう。病気の予防になりますし、ペットだって清潔にすることで気分がよくなるのです。

家の中はいつもきちんと整頓しておきましょう。ペットが寝る場所、遊ぶ場所、トイレの場所などは清潔にしましょう。例えば、猫は猫用のトイレが必要です。このトイレは長くても5日毎には取り替えましょう。

デンタルケア

口内衛生もまた動物にとって大切なことです。特にイヌ科の動物には必須です。餌を噛んだり引き裂くのには強い歯が必要だからです。実際のところ、ペットの多くは日常的に歯を磨くことが必要です。

愛情

ペットや家畜には愛情が欠かせないということは、動物愛好家なら知っているでしょう。愛情を注ぎ、優しく撫でてやることが飼い主とペットの絆を深めることにつながるのです。

ペットの健康 を守るコツ

愛情をかけることによってその性格が柔らかくなる、というのは多くの動物に対して言えることです。愛されていることを知ることでペットも自尊心を持つことができるのです。

こちらもお読みください『愛犬に愛情を伝える5つの方法

識別

首輪やタグなどをつけ、ペットがどこの家のものかをはっきりさせておくのはとても重要です。必要な情報を記し、迷子になるのを防ぎましょう。

ペット自身の空間

人と同じで、ペットにもプライバシーが必要です。休める場所、人間から離れられる場所をつくってあげましょう。疲れた時や気持ちが高ぶった時には逃げられる安全な空間を提供することが大切です。犬小屋でも良いですし、部屋の片隅のちょっとしたスペースやベッド、ペットのお気に入りのブランケット、シーツなどでも良いでしょう。