小児病院の子供たちとセラピードッグ

· 2018年6月8日

私たちは犬がどんなに素晴らしい生き物で、困難な場面でも私たちを助けてくれるのこと知っています。救助犬、警察犬、介助犬、盲導犬、そしてセラピードックなど様々な犬が存在し、その中でもセラピードックは入院している子供たちを助けるために傍にいてくれます。

どんな役割を果たしている時でも犬は常に忠誠心と愛情によって動機づけられています。今回は入院している子供たちを助ける特別なセラピードックについてご紹介しましょう。

セラピードックと子供たち

少女を見つめる犬

犬が存在することで全てにおいて状況が良くなると多くの人が思っています。アリシアもその1人です。アリシアは何か1つのことに集中するのが困難な8歳の少女です。セラピー治療のために入院していますが、彼女の親友であるラブラドールのロンが来ると、アリシアは全く別人のようになります。

子供と犬のつながりは説明が難しいですが、大人には理解できない何か魔法がそこにはあるようです。毛を引っ張られたり口に手を突っ込まれても、犬が赤ちゃんを傷つけず一緒に仲良く暮らすことができるのは驚くべきことです。実際どうしてそのように機能するのかは本当のところよくわかりませんが、犬と子供が最初に会ったときに何か通じるものがあるのでしょう。

これは、AAT(動物介在療法)で提唱されています。動物介在療法は、様々な状況や病気において利用されますが、特に自閉症、場面緘黙症、知的障害、脳性麻痺の子供の治療において積極的に取り入れられます。

実際この試みは新しいものではありません。精神分析の先駆者であるジークムント・フロイトは、常に彼の犬と忠実な仲間をセッションに連れて行きました。アニマルセラピーは今もなお効果的だと言われています。もしあなたの子供が先に述べた問題を抱えていて、動物介在療法を試してみたいと思っているならば、今回ぜひ記事を読んでみてください。動物介在療法についてお伝えします。

動物介在療法とセラピードックが小児科の子供たちにもたらすメリット

介助犬

・橋渡し役。医者と子供の間を仲介するのが、セラピードックが演じる最も重要な役割です。このタイプの治療は伝統的な医学に取って変わるものではありませんが、子供たちが自分の気持ちを表現するのに役立ちます。

・交流。多くの人は犬を家に飼うだけで充分だと思っていますがそれは真実ではありません。犬と単に一緒にいる事と動物介在療法は同じではありません。セラピードックは徹底的な訓練を経て、子供が治療していると気づかないようにしながら、子供と触れ合います。

誰にとっても効果的。子供がどのような障害を抱えていたとしても、何歳になっても、このタイプの治療は誰にとっても素晴らしいものです。アレルギーと恐怖症は例外ですが、それ以外の場合セラピードックは誰のためにでも働くことができます。

・モチベーション。動物介在療法では、子供たちが快適でリラックスした雰囲気になることが大切なので、子供たちが自分を表現できるモチベーションに溢れた環境を作り出します。

・動物介在療法によって子供がより幸せに。ほとんどの子供たちは動物と一緒にいることを楽しんでいます。よって、セラピードックと一緒に過ごす時間は幸せで勇気づけられる時間なのです。特に病院に入院する事はとても辛いですが、セラピードックによりモチベーションが向上します。セラピードックと動物解介在療法ををまだ決めかねている場合は、より多くの情報を得てから決めても良いでしょう。けれども、メリットはたくさんありリスクは少ないので、迷う理由はほとんどありません。