散歩をもっと快適に:色んなハーネスを試してみよう

· 2019年1月19日
ハーネスを使うだけで、愛犬はもちろん飼い主さんも散歩が楽になったり、さらに楽しくなること間違いなしです。

まず愛犬を散歩に連れ出す時には、首輪でなくハーネスを使用するのをオススメします。ハーネスの方が愛犬をコントロールしやすいですし、何より首輪は強く引っ張ると犬の身体にダメージを与えてしまい危険です

ハーネスであれば、仮にワンちゃんが強く引っ張ったとしても力が分散されるので、ワンちゃんが受けるダメージも少ないですし、私たちもそれほど強く引っ張る必要ありませんしかし、いざペットストアに行ってみると様々なハーネスが売られており、自分の愛犬にとって何がベストなのか分からなくなってしまいますよね。

と言うことで今日は、一般的に売られているハーネスの中で特にポピュラーなものをご紹介していきましょう。

どんなハーネスを買うべきなの?

さて、先ほど散歩をするならハーネスがベストだと言いましたが、どんなタイプのハーネスが良いかというのは飼い主さんの好みによって変わってきます。そこで考慮しておきたい大切な要素が、シンプルさ、簡単さ、そして見た目の美しさです。

ハーネスをつけた犬

新しいハーネスを買う際には、強い素材で出来ているものを選びましょう。ナイロン製の紐を使っているものがオススメです。また結合部分もしっかりしていないといけませんし、何よりも愛犬にフィットしているかどうかが大事となります。

Y字型ハーネス

Y字型のハーネスは、最もよく使われているハーネスの一つですし、だいたいどこのペットショップでも色々なサイズ、色、値段のものが売られています。Y字型ハーネスのオススメポイントは、ナイロン製、または革製の紐がシンプルに用いられており、足から胸をしっかりと固定してくれる点です。留め具はワンちゃんの肋骨あたりで留められるようになっていて、リードの付け根はちょうど肩甲骨あたりに位置しています。

装着の際には、まずハーネスの前部分にワンちゃんの頭を通して、その後胸部あたりでハーネスを固定するだけです。とっても簡単ですし、ハーネスをつけるたびにワンちゃんをあっちこっち移動させる必要もありません。仮にY字ハーネスをつけている時にワンちゃんが引っ張ったら、当然胸部で力を受けることになりますが、リードが背中側にありますので愛犬に痛みを与えることなく動きをコントロールすることが可能なのです。

引っ張り防止ハーネス、またはトレーニングハーネス

最近は引っ張り防止ハーネスがトレンドになってきているようですね。これらはナイロン製の紐2、3本で出来ていてワンちゃんの胸部と胴体を支えており、胸部の真ん中あたりにリードを通せるリングが付いています。時々、背中の方にもう一本リードを通せる穴がつけられているものもありますね。

さて、これは引っ張り防止ハーネスなんて呼ばれていますが、別にこのハーネスをつけるとワンちゃんが引っ張るのを止めるという訳ではありません。実際は、犬が走り出そうとするとハーネスが前に行く力を横に行く力に変えてくれるだけです。リードの付け根が胸部にありますからね。つまり、愛犬に引っ張らないように教育してくれるハーネスなどではないのでご注意ください。でも、それを教えるトレーニングには使えるでしょう。

ここでもう一つ注意です。さすがにこのハーネスでも、ワンちゃんが長期間リードを引っ張り回すのを止めないのでしたら、筋拘縮や肉離れ、最悪の場合脱臼などといった身体ダメージにも繋がり得ます。

マーチンゲール型の引っ張り防止ハーネス

これも先ほどご紹介した引っ張り防止ハーネスと同じようなものなのですが、マーチンゲールカラーと同じ要領で、犬の胸部にある紐部分が与えられる力によって体を締め付けます。つまりワンちゃんが引っ張れば引っ張るほど、胸が締め付けられるというものです。

このハーネスは愛犬に痛みや怪我を与えるリスクがあり、場合によっては散歩そのものが嫌いになるかもしれません。こういった理由からマーチンゲールカラーと同様、このハーネスも使わない方が良いと思います

ユリウスK9

これも最近ファッショナブルと言われるハーネスの一つです。ユリウスK9には大きなパットが付いており、これが犬の背中と脇腹あたりを包み込んでくれます。胸部に縦になるようにつける紐があり、それがお腹部分で留められるようになっています。リードはもちろん、背中にあるリングから取り付けることが出来ます。

 

これは一見Y字型ハーネスと良く似ていますが、ユリウスK9はよく輪っか型のグリップとセットで売られており、このグリップの操作は少しコツが必要となります。カスタマイズ性に優れているという特徴も持っていますが、高額なタイプが多いのでお財布とも相談しましょう。

散歩中のワンちゃん達 ハーネス 散歩

三点ハーネス、もしくはセーフティーハーネス

かなり最近になって発売されはじめたのが、この三点ハーネスです。これはもちろんどんなワンちゃんにも使用できますが、特にグレイハウンドなどのハウンド犬に重宝されています。見た目はY型ハーネスと良く似ていますが、ウエスト周りに紐を同士を接合せきる箇所があり、これによってどんなに愛犬が暴れても絶対にハーネスから抜け出すことができない構造になっています。

ノルウェー式ハーネス

これはY字型ハーネスとユリウスK9を合体させたようなハーネスです。見た目や締め付けはユリウスのそれですが、ナイロン製の紐はY字型ハーネスのようです。ノルウェー式ハーネスはとても軽く、また取り付けも簡単なのですが、あまりペットショップには出回っていないのが玉にキズです。

愛犬にどんなハーネスをつけるかによって、散歩の楽しみも変わってきます。そして緊急事態…例えばワンちゃんが驚いてパニック状態で暴れ出しても、しっかりとしたハーネスがあればちゃんとコントロールできます様々な色やデザインのものが発売されていますので、自分の好みにあったものを選びましょう