旅行中の車酔いから犬を守る方法

· 2018年5月31日

夏が来ると多くの人々はバケーションに出かけます。車を持っている場合は、ペットを含む家族全員を連れて静かで美しい場所で休暇を過ごせればとても素晴らしいでしょう。だからこそ旅行中に犬が病気にならないように予防方法知っておくことが重要です。

なぜ犬によって車酔いになる程度が違うのか

子犬は一般的に年寄りの犬よりも車に乗ると、めまいや吐き気を起こしやすいです。これは通常バランスを扱う内耳の部分がまだ完全に発達していないためです。

しかし移動中の車で病気になるのは若い犬だけではありません。それはしばしばの年老いた犬にも起こる事です。この場合、不安や恐怖の原因となる根本原因を探すことが重要です。例えば車の旅と過去に獣医へ行って受けた痛みが、関連付けられているかもしれません。

忍耐強く愛情込めて徐々に犬を車に慣れさせてください。また公園や旅行やその他楽しい場所などポジティブなものと関連付けることで自動車の旅の経験を変えることができます。

犬が車酔いになる兆候

チョコレートラブラドール

犬が車酔いになっている兆候は以下の通りです

  • 動揺する
  • 不快
  • 過呼吸
  • 息切れ
  • すすり泣く声
  • 震え
  • よだれ
  • 通常以上のあくび
  • 不活発
  • 嘔吐
  • 下痢

ペットを含め家族全員が車に乗り込む前に、犬が病気にならないように注意してください。

犬が車酔いしないためのコツ

犬の車酔いによって、楽しいはずの車の旅が悪夢に変わらないように以下のことを心に留めておいてください。

・まだ子犬の場合、車に乗るのに慣れるためにできるだけのことをしてください。

・車が停止しているときに車に乗ることを慣れさせてください。次に短い距離の場所に出かける事から始め、旅行の距離を徐々に長くしてください。

最初に行く場所は何かポジティブで楽しいケンケンと関連付けられるところにしてください。例えば公園やビーチなどです。ちゃんと車に乗れたならば撫でたり優しい言葉をかけたり、好きなお菓子をあげるなどベットにご褒美を与えであげると良いでしょう。

・ゆっくりと運転し、突然曲がったり急に向きを変えないでください。

これら全ての予防方法にもかかわらずまだ車酔いをするようならば、獣医に相談して車酔いにならないように何か薬を出してもらうことをお勧めします。車酔いを少なくするホルモン治療もあります。車の中で、快適に過ごせるように何ができるのか獣医に聞いてみてください。

旅行中に車酔いにならない方法

車の外にいる犬

すべてのバックを車に入れて旅行の準備が全てできたならば次に挙げる重要なことを忘れずに確認してください。

・まず出発する前に用を足すため長い散歩に連れて行ってあげて下さいこれはとても効果的です。なぜならば体が身体的に疲れていて、散歩によってリラックスしていれば、車に乗っている間に寝る可能性が高いからです。

旅行の前少なくとも数時間は食事を与えないでください。そうすれば車で嘔吐する可能性は低くなります。

・旅行中車を冷やしてよく換気してください。犬は高温に耐えるのが難しいことを忘れないでください。

・旅行中何度も休憩して犬を外に出してあげてください。犬は身体を伸ばすことができ水も飲んで用を足すこともできます。

・犬が好きなおもちゃを持参してください。そうすることで犬は、自分自身楽しませ恐怖と不安を忘れることが出来るでしょう。

・あなたも自身もリラックスして幸せな様子で行動してください。あなたが感じている不安を犬にも伝えたくはありません。犬が不安や恐怖を感じている場合は決して犬に怒鳴らないようにしましょう。

最後におそらく最も重要なのは車内の犬の安全を確保するために、運転している間すべての交通ルールと規制を遵守することです。