ペットが癌になったときの行動

· 2018年6月22日

統計は非常にショッキングな数値を示しています。なんと10歳以上の約半分の犬が人間にとって非常に危険な病として知られている癌を患っている危険性があるというのです。犬が癌なのかどうかは体を触診して腫瘍を見つけることで、判断できます。

癌になりうるリスクについて知り、腫瘍を見つける方法や癌の症状について学ぶ事は最初の第一歩です。また、犬が癌と診断された場合でも、早期に発見し治療を受けることは大切なことです。

犬の癌の危険因子

年老いたラブラドール

通常癌は単一の細胞の遺伝子に異常が生じ、突然変異をすることによって発生します。どうして癌が発生するのか、その詳細な仕組みはまだわかっていませんが、いくつかの注意すべき危険因子があります。

・子犬や若い犬に腫瘍が発見される事は珍しいことです。一般的には10歳以上の犬に癌が見られます。

すべての犬の品種が同じ確率で癌を発生するわけではありません。ボクサー、ジャーマンシェパード、スコットランドテリア、ゴールデンレトリバーなど癌のリスクがはるかに高い犬の品種があります。

・雌の犬は通常、特に乳がんの発生率が高い傾向があります。

・サイズも決定的要因になります。骨の腫瘍は20キロ以上の犬や大型の犬に顕著に発見されます。

・遺伝的要因も重要です。犬によっては特にその遺伝的構成のために癌の危険にさらされています。

手遅れにならないうちに行動起こす

獣医に定期的に通い、家で腫瘍の触診の行う事は、癌を早期に発見する最も重要な方法の2つです。癌のしこりや癌になる疑いのある成長した腫瘍発見に役立ちます。家でしこりを発見した場合は、できるだけ早く獣医の診察を受けてください。

毎日犬の健康チェックする事は、異常なしこりを発見するための非常に良い方法です。撫でたり遊んだりしている時間を利用してチェックしてください。鼠蹊部、腹部、首、などの部分に指で圧力を加えるだけで何か異常のサイン見つけることができます。

 犬の病気のサイン

・なくならない異常なしこりや成長したり変化するしこり

・治るのに以上に長い時間かかる傷跡や潰瘍

・長期の食欲不振、体重減少、食べることや飲み込むことの困難。

・足の出血や傷、跛行及び硬直

・呼吸困難、排尿排便困難

犬の癌治療

癌をどのくらい早く見つけられたかによって、癌に有効な治療の選択肢は大きく変わってきます。病気は不可逆的であり愛するペットがたくさんの痛みを経験することに飼い主が心痛めるのは非常に自然なことです。あとどれぐらい生きられるのだろうと心配するかもしれません。

しかし病気を緩和し痛みを助ける緩和治療があります。モルヒネのような強力な鎮痛剤も手に入れることができ、癌に犯された犬の生活の質の改善をサポートします。

化学療法もまた1つの選択肢であり過去数年の間に飛躍的に進歩しました。人における有効性と犬における有効性は同様です。一般的な治療グラムプログラムは癌がどの程度進行していてどれだけ強い癌であるかに応じて、数日から18カ月間続くことがあります。

安楽死

獣医とハスキー

治療の選択肢はたくさんありますが、ほとんどその犬にとって有効でない場合、ほぼ不可能に感じる決定をしなければならない時が来るかもしれません。犬が癌のために健康を害し、生活の質が著しく低下しているのであればその苦しみを終わらせるのも1つの優しさです。

 その時がいつ来るかを決めるのはオーナー次第です。癌に苦しみ生活の質も低下しているのに、ただ生かせておくのは犬や家族にとても多くの苦しみを与えます。

早い段階では癌の影響は明らかではありませんが、犬がを生活の質改善アプローチである緩和ケア受けている場合、すでに生活の質が著しく低下しており、長く生きることができないという兆候があります。

もしペットが餌を食べなくなったり歩けなくなったり排尿排便をできなくなった場合はおそらく次のステップを取る適切な時期です。どんなにあなたにとって困難なの場合でも、犬の苦しみを止めてあげることが最も重要なことだということを常に忘れないでください。