何が原因?犬の尿失禁について

· 2019年2月11日
犬尿失禁は老犬、肥満の犬、不妊手術を受けたメス、または大型犬などによく起こりますが、どのタイプの犬種にも起こりうる症状です。尿失禁が続く場合は、必要に応じて投薬は手術を含む治療法を選択しましょう。

犬が尿を「ためておくことができない」尿失禁が起こっている場合、何か膀胱に問題が生じている可能性があります。

本記事では、犬の尿失禁が起こる原因やその治療法を理解するのに役立つ貴重な情報をご提供します。

犬の尿失禁の原因と症状

尿失禁は最初は小さな「水滴」として現れることがありますが、時には大量の尿が流れ出ることがあります。

老犬、肥満の犬、大型犬、そして不妊手術を受けたメスに起こる症状ですがどの犬にも起こりうる症状です。

まず、不意の排尿、つまり飼い主が気づく量の失禁以外で尿失禁を発症している兆候が表れている症状の認識方法をご紹介します。

  • 犬が性器を頻繁に舐めていないか
  • 下腹部と後ろ足の間が常に濡れていないか
  • 外陰部や陰茎の周囲に腫れや赤みないか

これらをまず確認してください。また、犬が普段使っているベッド、シーツ、おもちゃ、または小物に尿のシミや汚れ、または尿そのものの水たまりがないかを確認しましょう。

尿失禁による尿は必ずしも悪臭を放つわけではないため、ニオイだけでは判断がつかないことが多くあります。

だからこそ、犬の尿失禁の主な原因を理解することが大切です。

また前述のように、肥満と老化は尿失禁の最も一般的な原因の一つですが、原因はこれだけではありません。

こちらもご参照に:愛犬がベッドでおしっこしてしまう!対策と予防法

おしっこをする犬

オスの犬は、去勢された後に尿失禁をはじめとする尿路の問題を起こすことはありませんが、去勢後に数回失禁することがあります。

ただし膀胱の筋肉を自分で制御する方法を再び理解すれば、一般的に失禁は治ります。

犬の尿失禁の主な原因をご紹介します。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 脊髄損傷
  • 尿路感染症
  • 前立腺疾患(オス)
  • 先天性欠損症

過活動膀胱症候群尿失禁を起こしやすい犬種は以下の通りです。

 

こちらもご覧ください:すごい犬種だった!ジャーマンシェパードの魅力をお届け

犬の尿失禁の治療法

犬が尿失禁を発症したかもしれないと思ったら、すぐに獣医師の診察を受けましょう。

獣医師が犬が抱える問題を調べて尿失禁の原因を突き止めてくれるでしょう。

尿失禁の治療法 犬の尿失禁 原因

病院では身体検査、検尿、そして尿の培養を行い、感染症にかかっていないかを調べます。

犬が大量の水を飲むことが原因で尿を貯められない場合は、糖尿病の可能性を疑い、水を大量に飲む理由である喉の乾きの原因が何かを突き止めるために血液検査を実施することがあります。

また、腹部または骨の怪我を負っていないかを確認するために、腹部超音波検査を含む他の検査を行うケースもあります。

犬の尿失禁は、ある特定の薬で治療することができます。

エストリオールのようなエストロゲンホルモンは、犬の尿道の尿の通り道を塞ぐことで、尿失禁を抑える働きをしますが、これは不妊手術後のメスに限ります。

フェニルプロパノールアミンは、獣医がよく使用する非ホルモン剤で、括約筋を強化します。

ほとんどの薬は経口薬(飲み薬または液体状)ですが、どれもうまく投与できない場合は、獣医によるコラーゲン注射か手術が選択肢となる場合があります。

犬が家のいたるところでおしっこをしてしまう場合、これが病気であろうとなかろうと、散歩に頻繁に連れて行ったり、シーツやタオルをベットの周りや上に置くようにしてください。

それでも解消されない場合は、特別なオムツをつける方法もあります。

また犬の感染症や生殖器の腫れを防ぐためにも、犬の衛生状態に注意を払うことが大切です。