見た目で分かる犬の年齢 

· 2018年5月25日
犬年齢(成長段階においての年齢)を知るには、まずは生物学的年齢を知る必要があります。

犬の生物学的年齢さえ分かってしまえば、犬年齢に変換するのは簡単です。犬年齢の情報は、犬の食事、避妊手術などの健康に関係した大切なことを飼い主が決めるときや、犬の本当の年齢を考慮するときに非常に大切な情報です。健康に関した質問の答えというのは、大抵は犬年齢によって変わってくるからです。

問題は、なんらかの理由で犬の生物学的年齢情報がない時に起きます。でも、心配しないでください。たとえ正確な数字ではなくても、次のことを観察することで年齢の目安は分かります。

  • 大きさ
  • 筋肉
  • 毛並みの状態

馬の場合は、歯を検査することで馬の年齢だけでなく、一般的な健康状態についても調べられることはよく知られています。(馬の専門家にだけかもしれませんが)では、犬はどうでしょうか?

ラブラドールの口

犬の歯を確認することは年齢を推測する際にとても役立ちます。犬は生後8週まで乳歯があります。そして、生後7ヶ月になる頃には、大人の永久歯が生えそろっているのです。

もし永久歯が生えそろっていながらもまだ若く、目立った傷なども見当たらないのであれば、その犬は恐らく生後18ヶ月~2歳の間でしょう。

犬は2歳になると歯が黄色く変わり始め、蓄積した歯石が見えるようになります。

年齢が3~5歳の間の犬は、切歯に摩耗や傷跡が見えます。

そして、5歳にもなれば蓄積された歯石が歯肉炎を引き起こしていることでしょう。これは、赤くなり、ときに腫れている歯ぐきで分かります。

このようにして、犬の年齢の手がかりを歯から得ることができます。しかし、犬種やその犬の噛むときの癖などによって歯の状態は影響されてきます。歯を手がかりに犬年齢を推測するときは、そのことも頭の片隅に置いておいてください。

大きさ

犬が成長過程にある場合は恐らくまだ2歳以下と考えられます。しかし、小型犬は生後1年には成犬のサイズまで成長するため例外です。そして、正反対に、超大型犬は2歳以降も成長を続けることが多いのです。

筋肉

犬が若ければ若いほど運動量が多いため、形がくっきりとした筋肉は若い証拠です。歳をとった犬では反対に骨が目立ち、胴の部分に脂肪がついているでしょう。しかし、体脂肪は食生活運動量といった要因で違ってくることを忘れてはいけません。

毛並み

若い犬の毛は細く柔らかいのに対し、年齢がいった犬の毛は硬くラフな印象があり、毛が生えている皮膚も分厚くなっています。また、成犬は鼻の周りの毛が白くなっていることがよくあります。

走る白い犬

数字を理解する

記事の最初にお伝えした通り、まずは生物学的年齢を知ることから始めます。また、犬年齢を出す第一ステップは2を引くことから始まるため、2歳以下の場合は犬年齢を出せないことを忘れないでください。次のように計算していきます。犬の生物学的年齢から2を引きます。そして、その数に4を掛けます。そして、その答えに21を足すと“犬年齢”が出せます。

例えば、生物学的年齢が10歳の犬の場合、犬年齢は53歳になります。計算は次のように行います。

10 – 2 = 8

8 x 4 = 32

32 +21 = 53

この数字はあくまで目安です。また、この方法では犬の大きさや犬種といった情報が含まれていないため、正確にはなり得ないのです。

この計算法は大型犬より小型犬の方が信頼性が高くなります。例えば10歳のグレート・デーンは犬年齢では80歳相当ですが、この計算式に当てはめると53歳なのです。超大型犬には使えない計算法ですが、小型犬や中型犬にはとても良い目安になるはずです。

このような便利な方法はありますが、100%正確な推測は犬の全身の検査を行った専門家のみが計算できるのです。

主な画像ソース:Jeff Ro