去勢は行うべきなの?適切な時期はいつ?

· 2018年7月26日

去勢を考慮する事はペットの性的健康と将来の生殖にとって大事なことなので、ペットが去勢される時期と理由、そして去勢のプロセスについて知ることは非常に重要で基本的なことです。

去勢とは?

去勢は性器の除去をすることです。これは全身麻酔のもとで短時間の外科的処置によって実施されます。オスの場合は睾丸を取り出し、メスの場合は卵巣と子宮を取り除きます。

多くの国において、この去勢手術は政府によって推奨されています。責任あるペットの飼い主として野良犬や捨て犬の増加を防ぐ1つの方法です。

白と黒の猫

スペインの場合

スペインでは議会で2015年に改革を承認して以来、去勢手術は一般的になっています。新しい規則は動物を虐待また放棄する飼い主に不利益に作られています。放棄された動物の数が増えるのを防ぐために、政府はこれを義務づけています。

しかし去勢は単に生殖だけの問題ではありません。多くの動物にとっては感染症や腫瘍など危篤の病気を予防する1つの方法になっています。

去勢するのに適切な時期はいつですか?

ペットの去勢の適切な時期は、性別、年齢、品種によって異なります。

小さな犬種の場合、理想的な時期は生後6ヶ月から9ヶ月であると科学的研究は示唆しています。この期間に実施された場合、メスが苦しむ子宮疾患の大部分を防ぐことができます。オスの場合、前立腺関連疾患のリスクを軽減するために、最初の年に去勢することが望ましいです。

中型から大型犬になると状況は少し変わってきます。多くの獣医は最もベストの時期は18ヶ月前後であると信じています。これにより、癌に侵されにくくなります。

 去勢の理由は生物学的だけでなく犬の振る舞いにあります。攻撃的な振る舞いや継続した逃避、人や領域に対する過剰な独占欲を減らすために多くの人が去勢を選んでいます。

最善策は獣医のアドバイスを聞くことです。

 なぜ去勢しなければならないのですか?

この質問に答えるには合理的なものと感情的なもののバランスを取る必要があります。ペットの生殖器を取り除く事は初めは侵襲的で不自然なように見えるかもしれません。しかし実際には健康と幸福を実現するのに非常に効率的な方法です。

ペットは全身麻酔の下に去勢されるので完全に無痛です。回復中、適切なケアと投薬で手術後の不快感を軽減します。

去勢の主な理由

獣医は動物が去勢する3つの主な理由を挙げています。

行動、振る舞いの問題。動物が過剰にテリトリーをマーキングしたり、人に攻撃的に振る舞ったり、定期的に逃げようとするとき。

病気の予防またはコントロール(主に遺伝性)。腫瘍、異形成、てんかん、血友病、ジストロフィー、性感染症などのリスクを軽減します。

生殖または人口抑制

専門家は去勢がもたらす動物のライフスタイルとその社会科のメリットを5つ挙げています。

1.メス犬は月経周期中のホルモンの変化がなくなります。これによって落ち着きが出て、他のオスを惹きつけることもなくなり、家で混乱を招くこともなくなります。

2.逃げる必要性は少なくなり、マーキングも圧倒的に減ります。

3.去勢された猫や犬の大多数はより愛情深くなり穏やかになります。

4.ペットを訓練したり、他の動物と同居させるのも楽になります。

5.卵巣がん、乳がん、子宮がんのリスクが大幅に低下します。オスの前立腺癌も同じです。

去勢のデメリットはありますか?

去勢の悪影響について多くの噂があります。デメリットはありますが、非常に稀で、愛犬をより深刻な病気にさらすことを正当化できるものではありません。

ジャーマンシェパードと獣医

去勢された全ての動物が肥満になるというのはデマです。手術後に体重が増える傾向にあるのは事実です。しかし、バランスのとれた食事と定期的な運動でコントロールすることができます。

去勢のリスクが最も高いのは適切な時期に去勢しなかった場合です。遅くに去勢された動物は一連の合併症患う可能性があります。よって適切な時期にペットを去勢することをお勧めします。