疥癬(かいせん)かも?!このような症状に注意!

· 2019年4月15日
痒み、嫌なニオイ、赤いブツブツ、食欲不振などは全て疥癬の症状です。あなたの愛犬は大丈夫ですか?

疥癬は犬にとって非常に厄介なものです。掻きむしることで皮膚が傷付き、怪我をしてしまう可能性があります。本記事では、あなたの愛犬が疥癬にかかってしまったかを見分ける方法、そしてその治療法をご紹介します。

 

疥癬とは?

疥癬とは犬の皮膚に異常が生じる病気で、皮膚や毛穴に寄生するダニによって引き起こされます。このダニが寄生すると皮膚内で繁殖を始めます。

ダニが生む卵はかえり、新しく生まれたダニは更に卵を生みます。このサイクルは犬が適切な処置を受けるまで続きます。このダニは犬の皮膚や被毛に寄生し、犬の外見を大きく変えてしまうため、疥癬にかかってしまった犬に治療を受けさせることは重要です。

ほとんどの犬にはこれらのダニが寄生しています。しかし、免疫力が強い犬であれば本格的な感染を防げるのです。残念なことに、疥癬は病気にかかり免疫力が落ちている犬に発症します。

合わせて読みたい【毛が抜ける皮膚病:犬の疥癬について知りましょう

犬の疥癬 疥癬 犬 症状

ダニには様々な種類があります。それぞれが異なる症状や異なる種類の疥癬を引き起こします。最もよくあるものは次の通りです。

毛包虫症

この細長い寄生虫は、小さなミミズのような外見で毛包から体内に侵入します。繁殖は毛包内で行うため、毛包は膨らみ、被毛が抜け落ちる原因になります。

一般的な疥癬

一般的な疥癬は、丸い寄生虫が皮膚内に入り込み疥癬トンネルを掘り進めることで起きます。そして、寄生虫はこのトンネル内に糞をし、卵を生みます。

赤くなる疥癬

皮膚を真っ赤にする原因となる、別の種類の寄生虫による疥癬もあります。

合わせて読みたい【犬毛包虫症:原因と症状、そして治療法

犬の疥癬2 疥癬 犬 症状

愛犬が疥癬になってしまったかを見分ける方法

どんな病気であっても、それに気が付くのに最も大切なことは注意するポイントを知ることです。犬の疥癬を疑う場合、次のような症状が現れます。

かゆみ

疥癬は強烈なかゆみをもたらすため、犬は掻きむしります。通常、疥癬は脂肪の多い体の部位で起きます。そのため、愛犬がお腹、鼠径部、耳の後ろなどを掻きむしっていることに気が付くかもしれません。かゆみは耐えられない程強いため、犬は歩いていても立ち止まって掻くでしょう。

毛が抜ける

大量に毛が抜け落ちたり、円形脱毛症のようになってしまったりしている部分もあるかもしれません。最初は局所的かもしれませんが、時間が経つにつれ体中に広がる可能性があります。

赤いブツブツ

赤い疥癬の症状と考えられます。

食欲不振

通常よりビクビクする、機嫌が変わりやすい、無気力になるかもしれません。このような気分のむらと食欲不振の両方が見られる場合、疥癬が疑われます。

嫌なニオイ

疥癬の症状が進むと、愛犬から悪臭や不快なニオイがするようになります。

疥癬の治療法

疥癬は深刻な健康上の問題を引き起こしますが、早めに診断されれば簡単に治すことができます。獣医が処方する治療薬には、インターメクチン、モキシデクチン、ミルベマイシンなどのマクロライド系抗生物質を含んでいます。投与は経口でも局所的に塗ることもできます。

獣医師は抗生物質、そして犬の肌の状態を改善するのに役立つジェルやシャンプーも処方します。かゆみには、犬のアトピー性皮膚炎の薬であるアポキル錠(Oclacitinib)が処方されるかもしれません。しかし、コルチコステロイドは免疫力を弱め、状態を悪化させる可能性があるため投与しないようにしましょう。

愛犬が疥癬にかかってしまったとしても、あまり心配する必要はありません。疥癬の症状は一見、壊滅的に思えるかもしれませんが治るものです。治療によって、大切な愛犬は再び健康な皮膚と被毛を取り戻すことができるのです。

https://misanimales.com/como-saber-si-tu-perro-tiene-sarna/