快眠を求めているなら犬を飼いましょう!

· 2018年8月6日

動物王国では、犬を飼う事のメリットをたくさん紹介してきました。ストレス解消になったり、自分に自信が持てる様になったり、時には鬱や孤独などと向き合う事にも一役買ってくれます。そんな中、今日は犬を飼うと快眠できるという説をご紹介したいと思います。

そうです。これは聞き間違いではありません。もしあなたが睡眠で悩まされているのなら、もう心配ご無用です。犬を飼えばきっと不眠症だって治ります!しかもこれは適当に言っているのではなく、しっかりとした根拠があるのです。

犬は快眠の手助けをしてくれる事が科学的に判明

ベッドの上に座る犬

中には犬と一緒にベッドで寝たりするのは不衛生だと思う人もいますが、逆にそれが大好きな人もいます。この記事では別にどちらか一方の肩を持つつもりは無く、「犬と一緒に寝ると快眠できる」という研究にフォーカスしていきたいと思っています。

研究は、アリゾナ州のスコッツデール(Scotts Dale)にあるマヨ・クリニック(Mayo Clinic)で行われました。一般的には犬と一緒に寝るのは睡眠の質を低下させるように思えますが、彼らの研究によってそれが逆だと言うことが分かったのです。

確かに、一見するとワンちゃんが寝返りを打ったり、音を立てたりすると睡眠の質が下がる様な気がしなくもありません。場合によっては起こされたり、深い眠りに入れなくなるようにも思えます。しかし、この研究では真逆の結果が出たのです。つまり犬と寝るのは良いことで快眠の手助けにまでなる、と言うのです。

研究は150人を対象に行われ、その内74人は犬か猫かいずれかのペットの飼い主です。さらにその中の56%の飼い主は、ペットに一緒の部屋もしくは一緒のベッドで寝ることを許可しています。そしてその中の41%がペットと寝ると安心感が生まれ、リラックスし、平穏に寝ることが出来ると回答しました。安心感やリラックスは快眠には欠かせない要素です。

睡眠環境というのは非常に大切で、平穏かつリラックスしていればより深く睡眠をより長時間保つことができます。もし、ペットがそういう気持ちにさせてくれるのであれば、疑いようも無く「良いこと」と言えるでしょう。

本研究で主任を務めたルイス・クラーン(Lois Krahn)氏によると、睡眠障害に悩まされる人たちを助けるためには、まず彼らの睡眠環境をチェックするべきだと言います。もしその人たちにペットがいるのなら、一緒に寝るのを試してもらうと良いかもしれません。

愛犬と一緒に睡眠 – 同じ布団で?それとも同じ部屋で?

犬を抱いて寝る女性

最初にも言った通り、人それぞれ好き嫌いがあるのは当然です。中には、ペットと同じ布団で寝るのが好きな人もいれば、同じ部屋なら一緒に寝てもOKという人もいます。そして当然、どちらも好まない人もいますしね。

本研究では、ペットと「同じ布団で寝る」のと「同じ部屋で寝る」のを一緒に扱っておりますので、結果的にはどちらも快眠に繋がると言えます。ですのでここは、それぞれの好みや必要に合わせて調整していきましょう。

しかし研究によって分かったことの一つとして、ペットを別の部屋で寝かせることで逆に睡眠の質が下げている可能性があるというです。もし不眠症に悩まされているのなら、彼らをベッドルームに招き入れてみてはどうでしょう。それでもしリラックスした気持ちになれたなら、睡眠の質もきっと上がります。

また、これは一人暮らしの方や身体が不自由な方には特におすすめです。というのも、無意識のうちに「1人じゃ無い」、「誰かに守ってもらっている」と思えるので安心感に繋がるのです。

さて今日はペットと一緒に寝ると快眠に繋がるという研究を一緒に見てきましたよね。是非ともすぐに行動に移し、一度ペットと一緒に寝てみてください!