一般的な猫のガンのタイプ

· 2019年4月16日
猫にとって致命的な病気であるガンは、早期発見が大切です。遺伝的要因に加えて、太陽に長時間さらされることや化学物質などが原因でガンを発症すると考えられています。猫がガンを発症したら、放射線治療、化学療法、そして外科手術などの治療方法があります。

ガン細胞は異常に成長し、いつまでも増殖します。

まず最初に一般的な猫のガンの種類を理解することから始め、どのタイプのガンを発症しているのかを知ることで、ガンの進行や悪化を予防するのに役立ちます。

猫の死因の多くがガンで、 5匹に1匹の猫が癌を発症すると言われています。そのため、猫がまだ小さい頃から健康に細心の注意を払うことが大切です。

体内の細胞は、制御できないほどの速度で増殖することにより腫瘍が形成されますが、この細胞がどれだけ速く成長するか、そしてどう広がっていくかに応じて、腫瘍が悪性または良性のいずれかになりえます。

白血病とは、猫の骨髄に影響を与える癌です。異常細胞が猫の血液に入り込み、リンパ腫の原因となるリンパ球を作り出します。

ガンの原因

遺伝的要因、紫外線、または発がん性のある化学物質がガンの原因となる可能性があります。

また、ネコの白血病ウイルスや免疫不全ウイルスなども癌につながる可能性がありますが、幸いなことに、これらは簡単に検出できます。

くつろぐ猫  タイプ ガン 猫

脱力感、体重減少、食欲不振、皮膚の上下の隆起、出血、目の状態や健康の変化、傷がなかなかかさぶたにならないなど、これらの症状が見られた場合は、すぐに獣医師の診察を受けてください。

また、いつもと違う奇妙な鳴き声、毛皮の状態が不健康、または落ち着きのなさは、何か病気を発症している兆候かもしれません。

X線、超音波、生検(外科的または針を使用)はすべて、猫のガンの検出に役立ちます。

医師が推奨する血液検査は、病気などの早期発見に効果的です。

CTスキャンとMRIの技術は進歩しており、医師の診断を補完して最良の治療計画を立てるのに役立ちます。

ガンを発症した猫の治療は簡単ではありませんが、最も大切なのは猫の生活の質を維持することです。

こちらもご参考に:え!どうして?猫のおかしな行動6選

最も一般的な猫のガンの種類

最も一般的な猫のガンはリンパ腫です。

  • 腫瘍はリンパ球と呼ばれる白血球として始まります。免疫系の一部で発症し、リンパ節、胸腔、消化管、鼻腔、腎臓、および神経系のいくつかの場所で発症する可能性があります。
  • 扁平上皮ガンは皮膚に影響を及ぼしますが、日光や紫外線にさらされることで発症する可能性があります。腫瘍は通常、鼻や耳の中にでき、傷がいつまでたっても治らないことから気づくかもしれません。幸いなことに、この種類のガンは、通常は広がりません。
  • 通常メスの猫が発症する乳がんは、乳腺に影響を及ぼします。またオス猫も完全に安全というわけではありません。乳ガンには腫れや炎症があり、リンパ節や肺にまで広がることがあります。外科的な手術、化学療法、および放射線療法などが治療の選択肢であり、多くの猫はほぼ完全に回復します。

腫瘍は、早く治療を行えば行うほど、治癒の可能性が高まるため、腫瘍がまだ小さく一か所だけの段階で治療を開始するのが理想的です。

ご存知ですか?:猫のウイルス感染症について

横になる猫  タイプ ガン 猫

細心の注意を払って治療するべきガンの種類

  • 肥満細胞腫は、皮膚、脾臓、腸に影響を与えます。
  • 消化器系器官をブロックするだけでなくこれらの器官に非常に攻撃的です。リンパ節、肺、肝臓、または脾臓にも拡がる可能性があるので、外科的な手術、放射線療法、化学療法が最良の選択です。
  • 口腔扁平上皮癌は、猫の口やのどを覆う細胞から発生し、舌だけでなく、骨やリンパ節にも影響を与える可能性があります。その結果、食事、唾液分泌、および口臭の問題を引き起こし、治療は簡単ではありません。