犬と一緒に暮らすと健康になるって知ってましたか?

· 2018年5月30日

家にペットがいれば、飼い主の心も豊かになり、なんと心臓血管系の病気の予防にもなります。しかもそれだけではなく、ストレスが緩和されたりなど、健康全般に多くの恩恵があると言われています。

つまり愛犬は愛情を与えてくれたり、自分の味方になってくれるだけではないという事です。心臓発作などの病気から飼い主を守り、寿命を長くしてくれるのです。

さらに犬と一緒に暮らしていると、自分以外の家族の健康も向上します。特に若い人たち、例えば犬と一緒に育てられた赤ちゃんは、より強い免疫性を持ち、少ないストレスの元で育つ傾向にあると言われています。

 

より質の良い生活

カーペットに座る犬

犬は「人類の親友」とよく言われたりしますが、これは彼らの誠実さと愛情を元に成り立っています。とある研究によると、犬は人間が悲しんでいる時や落ち込んでいる時に共感する能力があり、なんとかしようとしてくれるそうです。

だから、側に犬が居るだけで気分もよくなるのです。その他にも、愛犬と散歩に行ったり、一緒に遊んだり、外で1日を過ごしたりなど、飼い主の生活も良い方へと向かっていきます。

犬と一緒に暮らすと心も豊かになる

犬と一緒に暮らす事には本当に多くの恩恵があり、中には見過ごしてしまうものもあります。それは、あなたの心が豊かになっているという事です。例えば、ソーシャルメディアなどに費やす時間も減り、日々のストレスも緩和されます。

ヨーロッパでは4世帯に1つが犬を飼っており、合計7000万匹もの飼い犬が存在しています。そしてそれに伴って、その飼い主もその恩恵を授かっていると言えるでしょう。

例えば、散歩は犬の為だけの運動ではありません、飼い主にとって体を動かす絶好の機会でもあるのです。しかも愛犬との散歩は日課となるので、これもまた体に良い理由となります。歩くというのはとても健康に良く、特に心臓の調子を整えてくれます。

精神面への恩恵も大きい

愛犬は、何も人間の循環器・呼吸系の健康に良いだけではありません。愛犬が愛情を注いでくれれば、私たち自身ももっと社交的となり、周りの社会とうまくやっていけるようになります。

つまり一緒に外に出たり、遊んだりしている内に、日常的なストレスからも次第に解放されていくのです。だから犬の飼い主は不安に苦しむ事が少なく、また日々の仕事のストレスと上手に付き合っていく事ができるという訳です。

これに関しては、ペットの近くで働ける職場ではペット禁止の職場と比べて、働く人のストレスが緩和されることも研究によって分かっているのです。

言い換えると、愛犬からたくさんの恩恵を授かるには、愛犬を適切にお世話をして、たくさんの愛情を与えてやらなければならないという事です。

「与えることは受け取ること」はペットの飼い主にとっての黄金律です。一緒に遊んだり、撫でてあげたり、散歩に行ったりすることで、ペットとの絆は深まり、結果的にあなたの幸福として帰って来るのです。

まとめ:犬と一緒に暮らす恩恵

散歩中の犬

  • 心臓を強くする。飼い主の心臓病へのリスクが下がり、寿命が伸びる事が研究によって分かっています。
  • 赤ちゃんの免疫機能は向上し、精神的なメリットもあります。
  • 散歩や遊びを通して、飼い主も健康になり、肥満予防にも有効です。
  • 犬の側で仕事をしていると、ストレスレベルが低下します。