犬と高齢者の親交がもたらす健康へのメリット

· 2018年8月19日

年を重ねるごとに健康には注意しなくてはいけません。人生のこの段階を迎えると、年々体のあちこちが悪くなってきますが、体が弱くなるのは自然現象です。また、歴史を通し、高齢者の健康を改善することは医療界で最も重要な課題の1つとされてきました。

薬や習慣など、科学は高齢者がより健康になるためのあらゆる方法を生み出してきました。そして、驚くかもしれませんが、医者は犬と一緒に住むことを推奨しています。人間の最良の友である犬は健康面に様々なメリットをもたらすのです。今回はこの素晴らしい事実について深く掘り下げていきましょう。

気分を改善する

高齢者と犬

高齢者が直面する最大の問題の1つは孤独であることはよく知られています。通常、孤独は悲しみに、そして時にうつ病へと悪化する場合もあります。しかし、犬と生活を共にしているとこのような問題とは無縁です。犬を飼う素晴らしいメリットの1つにはうつ病を遠ざけることができるということです。

責任をもって子犬を育てると毎日子犬と接することで、常に愛情を感じることができるのです。このことから、気分は良くなりうつ病を抑えることができるのです。さらに、動物と接することは、気分を左右するホルモンを分泌させることが証明されています。

心の健康を改善する

疑いもなく、これも犬がもたらす大きなメリットの1つです。精神病に苦しむ高齢者は多く、いくつかの研究が示すように動物とのふれあいは高齢者の記憶を大きく改善させることがわかっています。犬との生活を推奨する医者がいるのは、このことが大きく関係しています。

犬はどのようにしてこんなにもたくさんのメリットをもたらしてくれるのでしょうか?犬はその犬らしさからストレスに最も効果的とされるたっぷりの愛情を注いでくれるのです。科学者たちが認めたように、高齢者の記憶力低下は強いストレスと関連しているため、ストレスを溜めないことは非常に大切なのです。

体の健康を改善する

年を重ねると、負荷の低い運動が健康には不可欠になってきます。人生のこの段階になると身体的な問題は繰り返し起きるため、運動は大切です。このことから、活動の少ない生活は高齢者にとって非常に危険だと考えるい医者が多くいます。運動不足は健康に悪影響を与えるからです。

この問題の一番の解決方法は犬と一緒に暮らすことです。犬はわたしたちの注目と運動を必要とするからです。犬にはとても大切なものと言えばお散歩です。お散歩に行くことであなたも犬も健康的になります。運動はストレスを軽減させ、幸せな気分にさせてくれます。そして、健康でいるためにはこれは非常に大切なことです。1日3回、1回約15~30分お散歩に行くのがベストです。お散歩は血圧を下げる、筋肉を強化するなど健康にあらゆるメリットをもたらします。

おすすめの犬

 

高齢女性と犬

 

高齢者が犬を飼うときは、次のような犬を選びましょう。

  • 2歳以上
  • 落ち着いていて、言うことをよく聞く
  • 歩く速度が速すぎない
  • ヨークシャーテリアやビーグルといった小型犬、あるいは中型犬

犬が高齢者の健康を大きく改善させてくれることがお分かりいただけましたでしょうか?あなたも犬との素晴らしい関係を楽しんでみてください。