犬の毛を効果的に掃除する方法

· 2018年5月24日

犬を飼っている人ならば誰しも同じ経験をしたことがあるのではないでしょうか。家族の一員のように大切に思っていますが犬の毛の掃除に困っています。短い毛の犬でさえ、毛は家の至るところに落ちています。毛で家が汚れてしまわないように、またすでに汚れて所をきれいに掃除する方法を紹介します。

犬の抜け毛を防ぐ方法

ブラッシングをする犬

犬の毛が抜けるのは正常なプロセスです。髪の細胞が死ぬとそれは抜けて新しい髪が成長します。それは私たちにも起こることです。まず大事なのは、犬も人間と同じ家族のメンバーであることを考えてそれが当たり前だと受け入れることです。でも何か良い抜け毛対策は無いでしょうか。今回はいくつかの抜け毛を防ぐコツと掃除のコツをご紹介します。

犬の毛をカット

特に暖かい季節、または暖かい季節に近づいている時期に、犬の毛はたくさん落ちる傾向があります。シーズンが到来する前に犬の毛を切ったり剃ったりすると犬の抜け毛はより少なくなります。

犬の毛のブラッシング

犬の毛を毎日ブラッシングする事はとても効果的で、すればするほど健康になり、また抜け毛を防ぎます。ブラッシングすることによって、抜け毛を取り除き、家具や家の中に付着するのを防ぎます。

早いうちにしつけする

子犬のうちから、ソファーやベッドその他毛が付きやすい場所に登らないようにしつけをすると、大人になってから楽です。

獣医に診せる

犬の抜け毛が過度で、正常でないように見えるならば、獣医に診せるのが良いでしょう。もしかすると栄養不足やストレス、うつ病もしくは抜け毛を引き起こす問題を抱えているのかもしれません。今ご紹介したアドバイスは犬の抜け毛を防ぐものではありませんが、犬の毛が家の中にたくさん落ちるのを防ぎます。

家中の犬の家をきれいにする方法

掃除機

ペットを飼っている人にとって掃除機はなくてはならないものです。特に犬であれば掃除機は必要不可欠です。掃除機は椅子や床、ベットその他の家具に付いた犬の毛をほとんど取り除きます。いろいろな掃除機の機能を使えば、隅々まで毛を吸い込むことができます。

換気

換気は、掃除をする前にしましょう。風の強い日は、なおさら掃除機をかける前に換気しなければなりません。換気すると毛は空中に舞い上がり、掃除をしたとしても、また家具に落ちてしまう可能性があるからです。

濡れ雑巾

時に掃除機は思っていたより効果がない場合があります。掃除をした後にまだ毛が残っていることがあります。そういった場合濡れ雑巾が役に立ちます。布を水や洗剤で湿らせましょう。湿気は家によって生成された静電気を軽減し、完全にきれいにします。

床に座っているラブラドール

粘着カーペットクリーナー

服から糸くずを取り除くために使われる粘着カーペットクリーナーは、犬の毛を家具から取り除くためにも利用でき、様々な場所でその効果を発揮します。

家具カバー

ソファーのクッションに選択可能な取り外しできるカバーをかけておくのも良いでしょう。カバーをかけておけば、毛を振り払ってブラシで磨いて洗濯すれば、また新品のように使うことができます。もしそれが難しいタイプのソファーであったなら、ソファー全体をシートで覆えば、毛がたくさん付いたとしても簡単に洗うことができます。