犬の鼻の色が変わる理由

· 2018年7月29日

犬の鼻の色が変わる症例はより一般的になっています。ですので、この小さくても重要な器官に皆さんも注目してみてください。

健康や気分についてのバロメーターになるのは、人間の鼻だけではありません。犬の鼻を観察することによっての健康について多く知ることができるのです。湿り具合や質感による鼻の変化は、病気のサインかもしれません。

犬の鼻が変色する理由

犬の鼻が色素脱失すると変色が起こります。かつては黒や茶色だった部分が徐々に肌色(ライトピンク色)になります。

変色した鼻の犬

しかし、変色したからといって必ずしも犬が病気であるとは限りません。犬の鼻が変色する理由は自然及び遺伝的要因があります。

バースマーク(生まれつきのあざ)

脱色素の鼻を持って生まれる犬もいます。この特性は品種を保存するために大変望ましいです。主にオーストラリアシェパード、ボーダーコリー、アメリカンピットブルズの犬種で発生します。

冬に日光が少なくなると犬の鼻が変色する原因となります。夏は鼻が元の色に戻ります。これは、シベリアンハスキー、エスキモー、アラスカマラミューテのような寒い気候に暮らす薄い色の毛の犬によく見られます。

年齢とともに犬の鼻の色が薄くなることもあります。しかし上記のいずれの条件にも当てはまらない場合は、変色した鼻は悪いサインかもしれません。できるだけ早く犬を獣医に連れて行って調べてください。

犬の鼻が変色する原因

鼻の色素脱失は、体の機能障害または外的要因の結果である可能性があります。

内部的原因

・ビタミンB複合体欠乏症

・自己免疫/全身性疾患

・自己免疫/全身性障害

これらは紅斑性狼瘡、ぶどう膜皮膚症候群、甲状腺機能低下症、天疱瘡および尋常性白斑を引き起こします。これらの疾患の主な症状は、粘膜および鼻の炎症、色素脱失です。

ダッドレイ・ノーズ(赤鼻)

この遺伝的異常の主な症状は鼻の変色です。動物の健康に重大なリスクを引き起こす事はありません。

アレルギー

犬種によってアレルギーを発症する可能性が他のものより高いです。プラスチックにさらされることによって引き起こされるアレルギーは、鼻の色素脱失を引き起こすことがあります。犬に食べ物や水を与える際には、金属製の容器が推奨されています。

外部的要因

・過度に太陽に晒される

犬は人間より日光に敏感です。鼻は特に太陽光線に対する過度の露出に対して脆弱です。太陽に過度にさらされると、火傷や刺激が起こり色素異常症を引き起こす可能性があります。こうした理由から野良犬は脱色したまだらな鼻をしています。

犬の鼻の変色を防ぐ方法

1バランスのとれた食事

犬の鼻の脱色素症の最も一般的な原因は、ビタミンB複合体の欠乏を引き起こすバランスの悪い食事です。良い食事は量と質のバランスがしっかり取れたものをいいます。すべての広告を信じてはいけません。全ての犬に同様に当てはまる良い食事、悪い食事とうのは存在しません。犬種、振る舞い、年齢、ライフスタイルによって違うので、それぞれのニーズに合わせて特別にカスタマイズされた良い食品を与えてあげてください。

獣医は愛犬にどんな餌を与えるべきかアドバイスをくれるでしょう。獣医の指示に従って決して人間の食べるものを与えないでください。人間の食べ物は犬にとって有害である恐れがあります。

2.日焼け止め

太陽の紫外線を過度に浴びるのは、動物にとっても人間にとっても有害です。犬はやけど、刺激、色素異常症、及びがんのリスクに苦しむ恐れがあります。

日光を浴びる犬

犬のための日焼け止めが存在します。犬を日光に当てる前に、鼻と耳に日焼け止めを塗って皮膚をしっかりと保護してください。

3.頻繁に獣医に相談する

犬の全身性疾患や自己免疫疾患を診断するのは容易ではありません。したがって、犬を定期的に獣医に連れて行って最新の検査、ワクチン、および抗寄生虫治療を受けてください。犬には多くの無症状疾患があります。したがって鼻の変色など小さな変化を見逃さないでください。