犬のデンタルケアに関する7つのアドバイス

· 2018年7月27日

犬は人間と同様オーラルケアが必要です。今回は犬の歯科治療についてご紹介します。

オーラルケアは犬の飼い主にとって非常に重要な問題です。適切な衛生管理をすることで、犬の歯が悪くなるのを防ぐことができます。また、犬の口臭、その他歯のトラブルを防ぎます。歯科治療のために覚えておいた方が良いアドバイスがたくさんありますのでどうぞ読んでみてください。

人間が犬の歯を適切にケアしない場合、犬の歯は様々なリスクにさらされてしまいます。そのひとつとして歯周炎が挙げられます。さらに、口腔細菌が血液に達すると、他の疾患が起こる恐れもあります。細菌は、関節炎、腎臓感染、血液疾患など引き起こします。したがって犬の口腔ケアをしっかりとし健康を維持する必要があります。

デンタルケアの7つのアドバイス

1.ダイエット

愛犬の食物は口腔衛生ケアにおける基本的なもので、非常に重要です。

犬は質の良い食べ物を食べるべきです。愛犬に正しい食べ物を与えることが、健康的な口になるかどうかの大きな鍵になるでしょう。犬にとって正しい食べ物とは、犬の歯を強化するのに役立ちます。ドッグフードは乾燥していて一貫しているべきです。また食べ物が歯の間に挟まって残りカスが残るのを防ぎます。

健康な歯を持つ犬

2.歯ブラシ

歯ブラシもまた犬のデンタルケアにおいて非常に重要です。人間と同様に、犬の歯も毎日磨かれるべきです。毎日磨くことで口の中に残った食べ物を除去することができます。理想的には愛犬が子犬のときにブラッシングの習慣をつけるべきです。小さい時に始めればこの良い習慣にも慣れるでしょう。

3.おもちゃ

犬に良いおもちゃを与えるのも良い方法です。できれば天然ゴムまたはナイロンで作られたおもちゃをあげてください。おもちゃは歯石が溜まるの防ぐのに役立ちます。おもちゃは歯を強化し、歯のクリーナーと呼ばれています。その普遍性と硬さによって、口を完全にきれいにするのに役立ちます。

4.デンタルケアのおやつ

犬の歯をケアする骨またはおやつを与えて下さい。これもまた質の良いものを選んでください。毒性成分が含まれていないことを確認してください。購入する前に必ず獣医に相談しましょう。ブラッシングとデンタルケアのおやつを組み合わせることで、愛犬の健康を正しく管理することができます。

5.オーラル検査

定期的に口を検査し、オーラルケアをするべきです。全ての歯をチェックする必要があります。これは非常に簡単です。ただ犬の唇を動かすだけで大丈夫です。歯の間に歯石が溜まっていたり顎の損傷がないか確認することも忘れないでください。ペットの口に何か異常がある場合は、すぐに獣医に連れて行ってください。

6.小型犬のデンタルケア

小型、中型の犬種は口腔疾患を発症しがちです。質の良い食事が必要不可欠です。また定期的に獣医に連れて行って検査を行ってください。そうすることで、口の異常をすぐに察知し問題を解決することができるでしょう。

7.獣医によるケア

犬は定期的に獣医の診察を受けなければなりません。獣医は、動物をより適切にかつ専門的に検査することができます。全ての犬が基本的獣医のケアを受けられるようにする事は非常に大切なことです。問題があるときはいつでも専門家の意見に耳を傾けるべきです。

犬の適切なデンタルケアは、それほど難しいことではありません。犬はを使ってたくさんのことを行うことを覚えておいてください。

歯磨きする犬

犬は食べること、遊ぶこと、探索すること全てを口で行います。ベットは人間と同じような保険医療を必要としています。定期的に獣医を訪れるのが良いでしょう。専門家は病気や問題を手遅れになる前に見つけるので、愛犬は適切な治療を受けられます。

もし口の異常を見つけた場合は、すぐに獣医に診てもらう必要があります。今回ご紹介したように、ペットの歯のケアは人間とそれほど変わりがありません。歯磨きや口腔ケアは毎日行ってください。

結論として、犬は人間と同様、定期的なデンタルケアを行い、獣医に歯を検査してもらうのがよいでしょう。