犬が吐いてしまう9個の理由

· 2018年6月19日

犬が吐いてしまうのにはたくさんの原因があります。大体の場合は、あまり深刻な問題ではありませんが、繰り返し嘔吐するようであれば何か大きな病気のサインであるかもしれないので動物病院に行く必要があります。この記事では、犬が吐く理由をいくつか教えます。

犬が吐いてしまったら: どういう時が一番心配なの?

犬が吐いてしまうのにはたくさんの理由があり、簡単な解決策はたくさんあります。たとえば、食べすぎ又は食べるスピードが速すぎるのが原因かもしれません。または、食べた後すぐに運動したのが原因の可能性もあります。けれど、繰り返し嘔吐するようであれば獣医に診てもらう必要がある深刻な問題かもしれません。

さらに、老犬や子犬、健康に問題を抱えた犬が吐く場合は危険な可能性が高いということを頭に入れておいて下さい。

以下は吐く原因のいくつかのサインです。もしこの症状が出ていたら、獣医に診てもらわなければいけないかもしれません:

病気の犬

  • 数時間何も食べていないのに嘔吐を繰り返す。
  • 真っ赤又はコーヒーのかすのような(消化されかけた血)血を吐く
  • 下痢
  • だるさ
  • 腹痛

犬が吐く理由はいくつかあり、その中でも深刻度が異なります。犬が吐いてしまう理由をこれから説明しましょう。

犬が吐いてしまう理由を知ろう

犬が吐く9個の原因を頭に入れておきましょう。そして、動物の調子が悪そうであれば、専門家の助けを求めましょう。

腸閉塞

もし犬が骨を食べたり、おもちゃなどの物を飲み込んでしまった場合、それが胃や腸の中で詰まってしまった可能性があります。反射的に、犬はそれを体の中から出すために吐き出そうとします。実際たまに吐き出せることもありますが、こういうことが起こったら、すぐに獣医に診てもらいましょう。

ウイルス

パルボウイルス、ジステンパー、コロナウイルスにかかってしまった場合、犬は吐く可能性が高いです。その他にも、下痢や食欲の減少などの症状が現れます。これは子犬に一番よく見られるケースです。

中毒

動物が毒物を摂取してしまった場合、吐き出すことによって体がそれを外に出そうとします。犬が中毒を起こしてしまったと感じたら、その毒物の正体を突き止めてすぐに獣医に診てもらいましょう。

腸内寄生虫

嘔吐、下痢、体重の減少を引き起こす鉤虫やジアルジアが一番よく見られる腸内寄生虫です。

胃潰瘍

もし吐いたものに血が混じっていたり、黒っぽくて濁っている場合、愛犬は胃潰瘍にかかっているかもしれません。

食事の変化

ペットの食事の変化が吐く原因かもしれません。ドッグフードのブランドや種類を変えたり、ご飯を多く与えたり、ゴミを食べてしまった場合に起こります。

腸の炎症

動物病院にいる子犬

吐いたものが白っぽくて胃液が混じっている場合、愛犬は慢性的な腸の炎症にかかっている可能性があります。

胸やけ

犬が黄色っぽい液体を、特にご飯を食べた後吐いてしまった場合、胆汁や胃液の過剰生産が原因かもしれません。この場合、食事の回数を増やし、毎度与える量を減らしましょう

腫瘍

老犬の方が腫瘍ができる可能性が高いです。その腫瘍が肝臓、腎臓、消化器官などに影響を与えている場合、他の症状と伴い、吐くことがあります。もし高齢犬を飼っているのであれば、定期的に検査をしてもらいましょう。